【Happyちゃん引き寄せ理論】完全解説!実現リモコンの作り方。人生はあなたの思い込みで決まる。

スポンサードリンク




こんにちは!あけましておめでとうございます。退職まであと90日、UOです。

年も新しくなって、「今年はこんな年にしよう!」って、目標を決める方も多いと思います。そんなあなたに私が全力でオススメしたいのは、

Happyちゃんの実現リモコン

です!!

簡単に言うと、「こんな未来が来たらワクワクしてしょうがない!!」と思えることを自由に書いて、その未来がやってくるのをただワクワクして待つ、というもの。

こんなことを始めたきっかけは、この動画でした。

この動画で喋っている可愛らしい女性、Happyちゃんという方が解説しているこの理論。(とても30代には見えないくらい可愛い…!)

最近YouTubeでこの動画に出会ってから、私もこんな感じでTwitterに「実現リモコン」を書き始めました。

私がTwitterにこんな風に「実現リモコン」を書き始めてから、フォロワーの仲間たちから「実現リモコンって何?面白そう!」という声がたくさん聞かれるようになりました。

私も実現リモコン仲間を増やしたくてたまらないので、今回、私のブログで解説していきます!

ワクワクが止まらない話です。最後までお付き合いください!

Happyちゃんとは?

Happy
2014年3月27日にブログを開設。「引き寄せの法則」をテーマにリアルタイムに自身の変化を綴ったブログは瞬く間に人気となり、半年で夢だった出版を実現。『世界は自分で創る(上)』(ヒカルランド)はベストセラーとなる。現在では執筆活動の他、全国でのワークショップ、さらに世界中でベストセラーになっているアメリカ人著者の日本初招致など、まさに「世界は自分で創る」を体現(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(Amazon著者紹介ページより抜粋)

16歳の頃に体験した、家庭での悲惨な経験をきっかけに、ずっと自己否定しながら生きてきて、20代後半までレストランの派遣で皿洗いをしていたHappyちゃん。

ある日、本屋で偶然「宇宙の法則」に関する本を手に取り、「人生は全て自分の思い通りになる」という理論を知ります。

自分の思い込みが世界を作るなんて、本当だろうか?」と疑いながらも、手に取った宇宙の法則の本の理論が本当なのかを自分の人生の中で実験すべく、自分の日常がどのように変わっていったかをブログに書き続けます。

すると、もともとただのOLだったのに、ブログを始めてたった3年で

  • ブログアクセス1日20万人
  • ブログ読者5万人
  • NYのベストセラー作家を日本で始めて招致
  • 銀座に自身のウェディングサロンをオープン
  • 壱岐に不動産を購入
  • ジュエリーブランドを立ち上げる
  • 著書「3日後引き寄せ日記」が売り上げ5万部突破、出版の担当者が会社で社長賞受賞
  • 宇宙の法則についてのセミナーのDVDが5000本売れる
  • Happyちゃんプロデュースのジュエリーが伊勢丹で年間最大の売り上げを記録し、そのジュエリーメーカーがその功績を認められ、伊勢丹にテナントを持てるようになった
  • Happyカフェをオープン

という、想像を超えるスピードで自分の夢を実現していきます。

ちなみに、「えんとつ町のプペル」で有名なキングコングの西野亮廣さんとも交流があり、二人でトークイベントも行なったこともあります。

Happyちゃんがしていたことは、これだけ。

自分自身が発するエネルギーに着目して、常にエネルギーがプラスの方向へ向かうように自分自身の気分を整えていた

のです。

その道具として、「実現リモコン」を使っていたのです。

 

具体的にどういうことなのか?

そもそもエネルギーって何??

それを、冒頭で紹介したYouTube動画でHappyちゃんがとってもわかりやすく解説しています。

本当は動画を見てもらえれば一発で理解できるんだけど、50分くらいあるので、今回はその動画で説明されていることを、このブログで動画に沿って文章で解説していきますよ\(^^)/

※ここからの動画はチャプターのように、クリックするとその部分の説明から見ることができます。Happyちゃんの説明が聴きたい方は、各見出しの動画をクリックしてみてくださいね!

全ての物質はエネルギーでできている

物質はどんどん分解していくと、分子、原子、素粒子…というように、小さな粒になっていきますが、それらの小さな粒たちは振動することでエネルギーを発しています。

つまり、私たち人間も、エネルギーでできているのです。

エネルギーは波の形になって空気中へ発せられ、波の大きさによって周波数が違います。

そして、同じ周波数のものが引き合うという「共振の法則」というものが地球上に働いています。

(これを利用しているのは、ラジオやテレビ、インターネットです。番組とラジオ端末の周波数が合うと聴こえるし、周波数が違えばノイズが入って聴こえません)

人間も同様に、一人一人違う周波数のエネルギーを持っていて、同じ周波数の者同士が引き合うのです。

では、人間の周波数は何によって決まるのか?それは、

感情

です。

自分の感情のエネルギーが現実世界のエネルギーと共振を起こして、自分自身で自らの現実を作り出しています。

 

テレビのリモコンのように体験したい現実に自分のチャンネルを合わせる

例えば、

A番組(500Hz)、B番組(600Hz)、C番組(700Hz)

という3つのテレビ番組があるとします。

自分の手元のリモコンをAに設定すれば、画面にA番組は映されますが、BとC番組は見ることはできません。しかし、見えないだけで裏番組として放送されています。

そしてリモコンをBに設定すればAとCは見えなくなるし、CにすればAとBは見えなくなる。

これが、人間にも同じ法則が働いています。

もしあなた自身がA(500Hz)というネガティブな周波数を発していると、あなたの現実はAというネガティブなチャンネルが映ります。

嫌な人とばかり出会ったり、ポジティブな人と出会っても話が理解できなかったりします。

逆に、あなた自身がC(700Hz)というポジティブな周波数を発すれば、あなたの現実はCというポジティブなチャンネルが映ります。

この世界にネガティブな人は確かに存在するけれど、そういう人とは会わなくなったり、あなたの周りでは楽しいことばかり起きるようになっていきます。

 

しかし、ここでポイントなのが、テレビやラジオのリモコンは一瞬でチャンネルが変わるけれど、人間の感情のエネルギーのチャンネルを変えても、現実世界が実際に切り替わるのにはタイムラグがあるということです。

そもそも、地球という3次元の世界は、現実が切り替わるまでのタイムラグ・過程を楽しむためのフィールドです。

ちなみに、死んでから行く世界は、思ったことが一瞬で現実化されるフィールドです。私たちが生まれてきたのは、思いが現実化するまでの過程を楽しむためにわざわざ地球に遊びに来たということなのです。

 

今起きている現実は、過去の自分が合わせたチャンネルの番組である

人間はチャンネルが合うのにタイムラグがある。

今、例えばあなたがが600Hzの現実を見ているとしたら、過去のあなたが自分のリモコンを600Hzに設定していたから。

つまり、今あなたが見ている気に入らない現実は、過去のあなたが自分で作り出した現実なのです。

しかし、大抵の人はこの「タイムラグ」の原理を知りません。そうすると、今の600Hzの番組が「気に入らない」と言って、また600Hzの周波数を発して、未来のチャンネルを無意識のうちに600Hzに合わせてしまいます。

これを繰り返しているから、いつまでたっても人生が変わらないのです。

じゃあ、未来で今と同じ600Hzの番組ではなく、800Hzの番組を見たければどうすれば良いか?

今、この瞬間から、自分のエネルギー(リモコン)を800Hzに合わせれば良いわけです。

 

しかし、多くの人は、目に見える現実しか信じようとしません。現実世界の状態を見て、「こんな現実嫌だ!600Hzなんか見たくない!!番組変われよ!!」とぼやいて愚痴をこぼしたり、テレビの画面を叩いたりします。

冷静になりましょう。チャンネルを変えたければリモコンをピッと変えればいいのです。笑

しかし、チャンネルが変わるのにはタイムラグがあるので、たとえ今、見たくない番組が映っていたとしても、見たい番組の予約をするイメージです。

 

「こんな未来になったらいいな」という願望を描くのには、今の自分の現実の状態がどうであろうと全く関係ないわけです。

だって、今の現実は過去の自分が作り出したものだから。

 

では、どうやって未来で見たい番組にチャンネルを合わせれば良いのでしょうか?そのためのツールとして、「実現リモコン」があるのです。

「こんな未来が来たら最高だな〜〜」と思う未来を、ノートなどに書き出すのです。

このノートが、リモコンとなってあなたの未来の番組を設定できるわけです。

(UOの場合は、ブログやTwitterに書いています。好きな方法でOK!)

 

ここでポイントなのが、「絶対叶えなきゃ!」とか、「叶わなかったらどうしよう…」なんて思わないことです。

 

テレビのリモコンを使うのに、年齢・才能・性別・国籍は関係あるでしょうか?

「どういう原理でチャンネルが変わるんだ?」と、テレビを分解して見る必要はあるでしょうか?

「本当にチャンネル予約できたかな?」と不安になる必要はあるでしょうか?

ないですよね。

あなたがチャンネルを設定したら、未来で絶対にその番組は見れます。

あなたが「本当にこんなので現実変わるの?」「叶わなかったらどうしよう…」とか思い始めると、あなたから不安の感情のエネルギーが発せられて、また未来に望まない番組のチャンネル設定をしてしまいます。

人間の周波数は、感情で決まるということを忘れてはいけません。

あなたがいい気分になる(望む未来の周波数を発する)目的で「実現リモコン」を書くのです。

だから、極端な話、あなたがいい気分になるものなら実現リモコンじゃなくてもなんでもいいんですね。

 

今この瞬間から、幸せを感じるためのコツ

Happyちゃんはまだ派遣で皿洗いをしていた時代、お金がなかったので、ドラッグストアで新作のコスメを見て、買いもしないのにワクワクすることでリモコン設定をしていたようです。

一見、非効率的・無駄に思えることでも、あなたの気分が上がるのならば、やった方が良いのです。

どんなに苦しい状況でも、些細なことでもいいから、今この瞬間にあなたが幸せを感じることが、望む未来へのチャンネル合わせになるわけですね。

ちなみに、例えばあなたが今この瞬間に500Hzのネガティブなエネルギーを発していると、地球全体の500Hzのネガティブな人々の意識にアクセスしてしまいます。

1つネガティブなことを考え始めると、雪だるま式にどんどん嫌な考えが膨らんじゃった経験、誰でも経験あるのではないでしょうか。そのメカニズムはこれです。

逆に、あなたがだんだんエネルギーが上がって、800Hzのポジティブなエネルギーに近づいていったら、さっきの逆で、ポジティブな人々の意識にアクセスして勝手にポジティブな考えが膨らむようになります。

だから、ネガティブかポジティブかは、あなたの人格とか性格は一切関係ないんですね。

また、人間のエネルギーが望む方向へ流れ始めるタイミングは、温泉に浸かっていたり、寝る前布団に入るときなど、リラックスしているときです。

このリラックスして緩んでいるタイミングで、「こんな未来が来たらいいな〜」と考え始めると、エネルギーが濁流のように望む未来へ流れ始めます。

逆に、今まさに望まない現実を体験している最中に未来のことを考えると、どんどん望まない方向へエネルギーが流れていってしまうので、考えない方が良いです。

落ち込んだり、イライラしていたり、怒っている時は、無理しないでまずはポジティブでもネガティブでもないゼロのポイントへ戻るべし。

だから、鬱で動けなかったり、引きこもったりしているのは、ゼロポイントへ戻るために必要なことなので、自分を責めたり焦る必要は全くないのです。

「動けない自分なんかダメだ」って自分を責めるから、不安でネガティブなエネルギーが発せられて、望まない未来へチャンネルが合ってしまう。

そうではなくて、「引きこもってる自分、なにか問題?これで大丈夫なんだ〜」って思うと、肩の力がふっと抜けて、安心のエネルギーが発せられて、ゼロポイントへ戻ります。

ゼロに戻って初めて、望む未来のことを考えることができるのです。

 

ちなみに、この世界の真理に反する答えに対して、人間は嫌な気持ちになるようにできています。

例えば、不登校の子が

「学校に行けない自分に未来はない」

と思ったとすると、塞ぎ込むし、嫌な気持ちになりますよね。それは、その子にとっての正解ではないのです。

逆に、

学校に行きたくなければ行かなければ良い。未来はこれから自分で好きなように作ることができる

という言葉をかけられて、その子が安心するのなら、それはその子にとっての正解の答えなのです。

 

どうしてもネガティブな気分から抜け出せない時は…

ネガティブになりすぎて、もはや自分は何をすれば楽しい気持ちになるのかさえわからなくなってしまった時は…

寝てください。

眠れないほど悩んでるなら、ゲームしたりパズルしたりカラオケ行ったりすればいい。

要するに、あなたの気分が切り替わるものならば何でも良いのです。

 

それでも悩みから抜け出せない時は、「今日は1日中、徹底的に悩みまくるぞ!!」と決めて、安心して悩みまくってください。そうすると、ゼロポイントへ戻ります。

「明るいこと考えなきゃ」って思うと、逆に望まない方向へエネルギーが流れてしまうので、やめましょう。

これと同じ理論で、「夢を叶えるためには感謝しなさい」って世の中の成功者は口を揃えて言いますが、自分がネガティブな状態にいるときにこれをやるのは逆効果です。

無理やりエセポジティブに「ありがとう」なんて言っても、「心の底から感謝できてない自分」を責め始めて、どんどんエネルギーが下がっていきます。

「くそ」って思いたければ、思う存分「くそ」って思えばいい。

「くそって思っても良いんだな」と思えば、安心のエネルギーが出て、ゼロポイントへ戻り、だんだんエネルギーが望む方向へ動き始め、心の底から感謝が湧き、成功者の言葉が理解できるようになっていきます。

つまり、「今の自分の状態はダメだ」と思い込んでしまうこと(自己否定)が最もエネルギーを下げることに繋がるので、どんな自分もオッケーとしてしまうことがエネルギーを上げるために大事なんですね。

 

みんなで「実現リモコン」を作れば、地球がもっと夢が叶いやすい世界になる

 

ここまでで、自分の人生は自分のエネルギーが作り出しているということ、ご理解いただけたでしょうか?

この理論はオカルトでも宗教でも夢物語でもなく、科学的に証明されていることなんですね。

ちょっと、こちらの動画を見て欲しいのです。↓

(2時間近い動画ですが、最後の5分ほどのシーンから始まるようになっています)

同じ周波数のもの同士が引き合うという「共振の法則」の実験動画です。

最初、バラバラのタイミングで揺れていた4つのメトロノーム。(BPMは4つとも同じです)

これが、時間が経つに連れて、だんだん同じ振り幅に変わっていきます。

集団の中で同じ周波数のものは引き合い、同じ動きをしてしまうということの証明です。

 

これを人間の世界で例えるならば、

「人生は思ったとおりにいかない。他人の目を気にしなきゃいけない。好きなことを仕事にするなんて無理」っていう常識を持っている人たちとつるむと、自分もそれが常識となってしまいます。

逆に、

人生は自分の思ったとおりにすることができる。ありのままの自分が最高。好きなことで人の役に立ってお金を稼ぐことができる

という考えの人たちが増えれば増えるほど、実際にそういう世界になっていくのです。

 

だから、私は、「実現リモコン」仲間を増やしたいのです。

世界中でこの理論を知っている人たちが増えれば、地球全体の意識のエネルギー周波数が上がって、より夢が叶いやすくなるのです。(ポジティブなことを考えると、地球全体のポジティブな意識にアクセスできるという、さっきの理論)

 

実現リモコンは、「これやらなきゃ!」というタスクリストでも、「いついつまでにこれを達成する」という目標リストでもありません。

あなたがリラックスした状態で、「こんな未来最高だなぁ〜」って、ワクワクして書いたかどうかが全てです。叶うか叶わないかは、どっちでも良いのです。

だから、決まったやり方はありません。

Happyちゃんは例として、ノートを用意して雑誌の切り抜きを貼っていくという方法を提案していましたが、「私はスマホの日記アプリに書く」でも良いし、あなたが気分よくできる方法なら何でも良いのです。

ただ、私の場合、せっかくこうやってブログを書いたりSNSで情報発信をしているので、「実現リモコン」をTwitterに写真付きでつぶやくのが気持ちが良いので、そうしてるだけです。

 

だから、もしあなたも私と同じように、実現リモコンをTwitterにつぶやいてみたい、と思ったら、私たちと一緒にTwitterでハッシュタグをつけてつぶやいてみませんか?

実際に私の仲間たちもつぶやいてくれてます!!

もしよかったら、つぶやく時に「#実現リモコン」とつけるだけでなく、私にリプライを送る形でつぶやいてくれたら、私が引用リツイートでお返事をします。

アカウントは@_suzumushi_です。365日、いつでもお待ちしております。

人生は、自分の思ったとおりになる!!

さあ、あなたは自分の人生のキャンバスに、どんな未来を描く??

最後まで読んでくれてありがとう!!

Happyちゃんの著書も本当におすすめです。あなたも「3日後引き寄せ」にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

 

 

 

スポンサードリンク







3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    15 + eight =

    ABOUTこの記事をかいた人

    【ミュージシャンタレント】 「音楽作って、遊んで暮らすよ」をテーマに活動中。 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 うおしーらんオフィシャルサイトはこちら