【Happyちゃん引き寄せ理論】エイブラハム完全解説!あなたがいい気分でいること以上に大切なことはない。

スポンサードリンク




こんにちは!

タイアップ専門シンガーソングライターのうおしーらんです。

今日は、がっつり「引き寄せの法則」について書いていこうと思います。

 

今年1月に書いた、引き寄せの法則の第一人者「Happyちゃん」についての記事がとっても好評でして。

【Happyちゃん引き寄せ理論】完全解説!実現リモコンの作り方。人生はあなたの思い込みで決まる。

2018.01.01

この記事がきっかけで、私に連絡をくださって、仲良くなれた人もいるくらい。

 

この記事は、YouTubeに載っているHappyちゃんのセミナー動画を文章にして完全解説したモノだったのですが、今回はまた別の、うおしーらんオススメの動画を解説していきます。

Happyちゃんとは?

Happy
本の出版実現に向け2014年3月27日にブログを開設。「引き寄せの法則」をテーマにリアルタイムに自身の変化を綴ったブログは瞬く間に人気となり、半年で夢だった出版を実現。『世界は自分で創る(上)』(ヒカルランド)はベストセラーとなる。現在、様々な活動を通して、「自分自身で在ること」の大切さを多くの人々に伝えている。

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B017TW2XN8/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

子供時代の悲惨な経験をきっかけに、ずっと自己否定をしながら生きて、20代後半ではバイトでお皿洗いをしていたHappyちゃん。

しかし現在は、シンデレラプロジェクトという、これまでスポットが当たったことのない人たちがステージに上がる機会を提供する、大きなイベントを成功させたりと、大活躍をされています。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=BS5Q7OoI9Gw

他にも、本を出版したり、ジュエリーブランドやウエディングドレスのブランドを立ち上げたり、カフェを作ったり…

驚くほどのスピードで、夢を叶え続けています。

 

その秘訣はなんなのか?

引き寄せの法則」です。

 

引き寄せ引き寄せって最近あちこちで聞くけど、いまいちよくわからない。

実際に引き寄せがうまく使えない。

 

Happyちゃんの解説は、めちゃくちゃわかりやすいです。

動画を見ると、「ああ、だから今まで自分の人生はうまく行ってなかったのか!」と納得できます。

 

動画を見てもらうのが一番なんですけど、ちゃっと内容を把握したい!という人のために、今回はこちらの動画の内容を文章でまとめてみました!

ワクワクが止まらない話です。

どうぞ最後までお付き合いください!

Happyちゃんの「引き寄せの法則」との出会い

※ここから使う「私」という一人称はHappyちゃんのことを指します

 

2013年の夏に、超絶最悪な出来事が起こりました。

頭の中が、起きている間中、ずーーーーーっと、そのことでいっぱい。

それが3〜4ヶ月続きました。本当に辛かった。

 

そんな時、久しぶりに本屋へ行って、偶然手に取ったのが、この本でした。

この本は、宇宙意識を体を介して人に伝える「チャネラー」さんの本でした。

そこから、チャネラーや宇宙人に興味を持ち始めます。

 

当時26才だった私は、幼少期に親に殺されかけて家出をしているので、「夢ってなに?」という感じでした。

人生は、欲など持たずになんとなく過ぎ去れば良いと思っていたのです。

 

そんな中、この本で「現実創造」の概念に触れて、私はこう思いました。

幼稚園の時の「ピーマン食べれない」とかっていう悩みって、大人になれば悩みではなくなる。

なぜなら、大人は幼稚園の子よりも広い視野で物事を見ることができるから。

 

じゃあ、人間界の大人の悩みって、宇宙人が解決してくれるのでは?と思ったのです。

なぜなら、彼らの方がずっと高い視点で物事を見ることができるから。

同じ人間界であーでもないこーでもないと言うよりは、宇宙人の高い視点からスコーンと解決してしまった方が早いのでは?と思いました。

そして、私は自分の人生を使って、「現実創造」の実験を始めました。

 

一見無駄なことでも、良い気分でいなさい。

宇宙人のセスやバシャールはこう言うわけです。

ワクワクに従え」と。

けど、私はこれまでワクワクしたことがなかったので、どういうことかわかりませんでした。

 

そんな私が理解できたのが、エイブラハムでした。

エイブラハムの教えは、こうです。

気分が良くなることをしなさい」と。

「あなたがいい気分であること以上に大切なことはない」と。

いい気分になることは簡単そうなので、やってみようと思いました。

そして決めたのです。

気分が悪いこと、自分ができないことも絶対にやらない」と。

世の中の成功者が「これをしたら成功した」ということも、自分ができないことはやりませんでした。

今この地点で、できることを探しました。

たくさんのお金を使うことはできなかったので、コーヒーを飲んだり、買わないのに化粧品を見に行ったりしていました。

一見無駄なことかもしれませんが、これが、私が「気分がよくなること」だったからです。

 

これまで、人生は効率化が全てだと思っていました。

全て仕事に繋げればいけないと思っていました。

 

けれど、人生の目的は「喜び」だとしたら、これまでずっと逆のことをしていたなと気づきました。

 

これまで毎日会社に行って、仕事仲間にいじめられて、頭の中は最悪なことがいっぱいで、そんな毎日を過ごしていました。

けれど、毎日3分でも5分でも自分が気分の良くなる時間を作ったのです。

それを、「日常天国化計画」だと思って、できる範囲で、少しづつ天国を広げていきました。

 

2013年の秋に本に出会って、2014年の春にブログを開設するまで、これをずっと毎日繰り返していました。

そうするとどうなったかというと、生命力が戻ってきたのです。

そうすると、自然と「何かやりたい」という気持ちになります。

そこで、「人に文章で勇気を与えられる人になりたい。本を出版したい」と思い、ブログを開設しました。

 

現実はすぐに変わるわけではない。ひたすらデータ集め

もちろん、日常で「気分がよくなる行動」を取り入れてからも、嫌なことは起き続けます。

すぐには現実は変わりません。

けれど私が良かったのは、「他人と自分を比べたり、現実が変わらないことに悲観しなかった」ことです。

とにかく、現実を変えようとはせず、自分の意識を変えようと思い、ひたすら宇宙人たちの教えを入れ込み続けていました。

そして、こんなことに気づきました。

1人でいる時は頭の領域は守られる」ということに。

会社では、グラスふきというセクションを当てられるのは大嫌いでした。

けれど、1人でいる時に自分が望むものを考えるように意識できるので、グラスふきを当たられると「ラッキー」って思うようになりました。

 

そして、私はこういうことをし始めました。

「データもらい」

当時、有名人がパーティをするようなレストランで働いていた私は、以前まではキラキラしている人たちをみては嫉妬し、嫌な気分になっていました。

そうではなくて、「目の前にいるキラキラしている人たちは自分が望むものをすでに持っているのだから、データ集めだと思ってちゃんと見ておこう」と思い、頭の中で自分が望むものにフォーカスすることにしました。

 

ここで注意したいポイントがあります。

この時点で、現実はまだ変わっていません。

相変わらず会社には嫌な人はいるし、グラスふきやシャンパン持ちをしないといけない。

 

最初に自分の内側が変わっていって、その次のステップでやっと現実が変わり始めるんです。

みんな、いきなり「早く現実よ変われ」といきなりそっちのステップに行こうとするから、苦しくなるんですね。

 

はっきり言います。

現実はすぐには変わりません。そこはあきらめましょう。

 

今起こっている嫌な現実は、過去に自分が心で感じたことが、映写機のようにそのまま現実に映し出されているだけなんです。

だから私は、今起きてい現実と、自分の感じ方を切り離すように努力しました。

なぜなら、今また、起きている嫌な現実をみて「嫌だなぁ」って感じてしまうと、また未来は同じような現実になるから。

 

現実で起きていることは無視してください。

私も当時は何千万も借金を背負っていました。

それでも関係ないんです。コーヒーを飲んでほっとしましょう。

 

周りからは怒られますよ。「そんなことしている場合じゃないだろう」と。

だから、こっそりやってください。

自分の頭の中は自分で守ってください。

 

「波動の転換期」を迎えるまで、行動しない

お風呂に浸かる時、最高に気持ちがいいですよね。

けどそこで、「あぁ明日もまたあの人と仕事なのか」と考えては台無しです。

「あぁ気持ちがいい」と「今ここ」にフォーカスして、全身で喜びのエネルギーを出すことが大事なんです。

 

それを続けていくと、だんだん心が元に戻っていきます。創造主のエネルギーに戻ります。

深呼吸するだけで、「あぁ幸せだな」と感じられるようになります。

お金があろうがなかろうが、パートナーがいようがいまいが関係なく「幸せ」になります。

それが、エイブラハムの瞑想CDでも言っているような、「波動の転換期」なんですね。

 

エイブラハムのCDの説明書には、

「瞑想しながら、英語版のCDを聴きましょう」と書いてありました。

けれど、英語は何言っているかわからないし、瞑想もできないので私はやりませんでした。

私の場合、何かをしながら日本語版を聞き流していました。

それが私にとって心地の良いやり方だったからです。

日本語版では「あなたは創造主です」という言葉を自分にかけてくれるので、それでずっと自分を洗脳させていました。

 

それでも相変わらず現実では、仕事場で「あんたなんかダメだ」と言われ続けます。

そんな時、私はこう思いました。「エイブラハムだったらなんて言うかな?」と。

きっと「あなたはそのままでいいんだよ、誰かに価値を証明する必要もないんだよ」と言うだろうな、と思いました。

日本語版を聞いていたから、こう思えたんだと思います。

これを毎日毎日、ストイックにやり続けました。

皆さんによくありがちなのが、セミナーに行って、一度は気分が上がって、また翌日に嫌なことが起こって落ち込む。

それじゃダメなんです。

毎日繰り返し繰り返しやることで、「波動の転換期」を迎えて、そこからやっと現実が変わり始めるんですね。

 

現実世界では、「現実を変えるために行動しろ」「努力しろ」と言われることが多いです。

けれど、心が「嫌だ」と思っているまま「なんとかしなきゃ」と行動を起こすと、問題のバイブレーションが増幅されて、まるで自分でつけた火を消すように、何も結果には結びつきません。

 

「行動すること」はもちろん必要。

行動する前に、まず自分の心の内側を整えて、「何かしたいな」と思ったタイミングで行動に移すことが大事なんです。

 

いざ、自分が新しいことを始めると、絶対に周りから反対されます。

ここでめげてしまう人が多いんですね。

けれど、私はこんな風に考えました。

LINE@の自動返信機能のようなものなんだと。

そう考えたら、全く気にしなくなりました。

 

あなたと私は、違う。違ってていい。

もう一つ、私を救ってくれたエイブラハムの教えがありました。

この世はコントラストがあるから素晴らしい」と。

私は昔、「自分が良いと思ったものはみんなにとっても良い」んだと思い込んでいました。

自己啓発系でもよくいませんか?

「ポジティブじゃないとだめ」

「ありがとうって100回言わないとだめ」とか。

けれど、本当はそうじゃないんです。

この世にはいろんな人がいて当たり前なんです。

人によって好みも違います。

こうじゃなきゃだめなんて、存在しないんですね。

世の中には「これをやったほうがいいよ」といろんなことを言う人がいます。

けれど、それはその人がそう発信しているだけで、この世の真理ではないんですね。

なんなら、皆さんは私の言うことだって信じなくたって良いわけです。

 

いろんな本を読んで、いろんなブログを読んで、情報を取り込むかとは思いますが、知識をこねくり回して振り回されないでください。

自分のフィルターで、「これ、なんか好き」と思うものだけ取り入れてください。

 

常に自分の心に立ち返って、心に従う

一つ誤解しないでいただきたいのは悲しみや怒りの感情は無くなりません。

悟りを開いて無になるなんてことはありません。

 

気分が落ちたら、無理にポジティブになろうとせず、そう感じてしまった自分を受け止めてください。

一番やってはいけないのは「そう感じてしまったことを否定すること」です。

 

望まない現実が起こって気分が落ちてしまった時、「じゃあ、私はどういう現実を望んでいるの?」と、自分の心に立ち返ってください。

それを、毎瞬やります。

 

私もブログを始めて、成功者に否定されたりアンチにブログを潰されたこともありました。

もうやめたほうがいいのかな、と思ったこともありました。

 

けれど、その時に自分の心に立ち返ったんです。

「私は、本当はどうしたいの?」

 

答えはこうでした。

「この見えない世界のことを発信したい」

「本を出版したい」

 

そして、その2週間後に本の出版が決まったのです。

 

たまに、「このやり方で合ってますか?」と聞いてくる人がいます。

けれどその質問は、「このカレーは美味しいですかまずいですか」と聞くことと同じくらい、意味がないのです。

なぜなら、私にはあなたの感覚がわからないから。

自分に取って気分がよくなるものを取り入れれば良いので、私にはあなたが何が好きかわかりません。

先生はいないのです。

「自分が好きかどうか」で決めてください。

 

あなたが気分よくいれば何万人もの人に希望を与える

エイブラハムの教えの中で、「あなたが良い気分でいること以上に大切なことはない」というものがあります。

それには、こんな理由があります。

「感情の22段階」というものがあります。

1番は、愛とか、自信とか。これが創造主のエネルギーで、エイブラハムはこの状態を「ボルテックス」と呼びます。

22番は、自己卑下、絶望など。

数字が大きいほど、エネルギーが低く、望まない現実を作りやすい状態です。

 

たまに、スピリチュアルをこじらせて不幸になっている人いますよね。

これは、例えば「ありがとうと100回言いなさい」という教えがあったとして、今自分は現実にすごく腹を立てているのに、無理やり「ありがとう」と100回言おうとすると、「ありがとうって思えない自分はダメなんだ」と自己卑下してしまいます。

「自己卑下」は、22番。一番低いエネルギーです。

ちなみに、「怒り」は17番。「自己卑下」よりはまだましなんです。

だから、湧き上がる自分の感情を否定してはいけないんですね。

 

現実はいろんなことが起こるから、常に1番の「愛」の状態でいられるわけじゃない。

出来事によって、ボルテックスから弾かれて、「怒り」や「悲しみ」のエネルギーになってしまうことは誰だってあります。

そんな時に、自分がボルテックスに戻ってこられる方法をあらかじめ用意しておけばいいんです。

それが、「ほっとすること」なんです。

 

お金に困っているのなら、請求書にフォーカスするのではなく、「今この瞬間自分が楽しめること」にフォーカスする。

それは人によってはコンビニのコーヒーかもしれないし、音楽を聞くことかもしれない。

あなたがボルテックスの状態、つまり1番の「愛や自信」の状態でいると、そのバイブレーションが波及して何万人もの人に希望を与えることができるのです。

逆に、22番の自己卑下の状態でいればそれが波及して、不幸な人を増やすだけです。

 

現に、私は今ブログが1日何十万人もの人に読まれているし、LINE@の登録者数も3万人です。

実際に「常に自分が気分よくいられること」を意識し続けたおかげで、本当に何万人もの人に希望を与えることができています。

 

常に自分の心に立ち返って、自分が望んでいることは何なのか、今日から実際にやってみてください!

 

Happyちゃんが夢を叶えて、実際に出版した本がこちら。

「引き寄せ」について、漫画でわかりやすく解説されています!

うおしーらん自身も、このブログを書きながら、また改めて原点に立ち返った気がします。

お金どうしよう、仕事どうしよう、うまく行かせるためにはあの人のやり方を取り入れなくちゃ、とか。

どんどん「自分の心」を無視して、焦りからいろんな意見に振り回されてしまう。

 

そうではなくて、「自分が心地よいもの」だけを取り入れる。

休みたければ休めばいい。

無理に頑張ろうとするのではなく、ほっとしていれば、何万人もの人に勇気を与えられるんだ。

そう思えただけで、とても気持ちがラクになりました。

 

今回のお話、もしあなたも読んで「ほっ」としたのであれば、取り入れてみてはいかがでしょう!

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 「音楽作って、遊んで暮らすよ」をテーマに活動中。 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 うおしーらんオフィシャルサイトはこちら