動画投稿したら、高評価より低評価が多くてショックを受けた件。

スポンサードリンク




うおしーらんです!

 

最近、「うおしーらんLOCKS!!」という、ミュージシャンを目指す10代向けのメディアとしてYouTube・IGTVチャンネルを立ち上げて、これまでに4本の動画を投稿してきました。

 

最新作は、こちら。

ファッションの授業です。

 

いつもYouTubeとIGTVに動画をアップロードした時は、直後に必ずTwitterなどのSNSで「動画を投稿したので見てね!」というツイートをするのですが、今回は諸事情あって、すぐにはそれができませんでした。

 

YouTubeに投稿したのは10/23。

そこからバタバタしていて、気づいたら4日間何も報告もせず、放置していたところ…

 

 

YouTubeを開いてみたら、

高評価1に対して、低評価2でした。

 

 

再生回数もその頃は70回くらいだったのですか…

 

けれど、その少ない人数の中でも、私の動画に対して「いいね!」と思った人より、「なんじゃこりゃ!」と思ってバットボタンを押した人数の方が多かったのには、プチショックを受けました。

 

(まぁ、落ち込んだのは最初の1時間くらいですけど。もう立ち直りました)

 

 

そこで、4日も放置してしまいTwitterにも「投稿したから見てね」投稿をしていなかった私は、慌ててツイートをしました。

 

そうしたら、私のことを応援してくださっている方たちがグッドボタンを押してくれたおかげで、いま現在は高評価3、低評価2になり、なんとか持ち直しました。

 

グッドボタン押してくれたり、コメントくれた方、ありがとう〜〜〜!!!

 

前からちょっと気づいてたけど、アンチが湧き始めている

 

動画を見て、グッドボタンかもしくはバッドボタンを押すのて、それなりの手間がかかる。

 

だって、多くの人はTwitterで私が「動画更新したので見てください!」とツイートしたって、URLにクリックさえせずに、そのままスルーする場合の方が圧倒的に多い。

 

その中で、たった2人でもわざわざ動画のページまで来てバッドボタンを押すということは、相当うおしーらんのことが気になっている証拠だと思う。

 

 

(しかもSNSで「投稿しました」って宣伝する前から、私に言われなくても動画を見にくるってことは、相当チェックしてるってことだと思う)

 

 

 

前からちょっと気付き始めてるけど、どうやらうおしーらんの悪口をSNSで書いてる人はちらほらいるし、このブログを読んで問い合わせフォームやコメント欄から暴言みたいなメールが月に1・2回届いたりする。

 

「うおしーらんアンチ」は、確かに存在している。

人数まではわからないけど。

 

アンチが湧くことは、喜ばしいことだ。

 

悪口を言われているのを見つけたりすると、最初の1時間くらいは、落ち込むし、嫌な気持ちになったりする。

 

けれどよくよく考えて見たら、アンチが湧くほど、注目されてるってこと

 

本気で嫌いだったら、わざわざ大事な時間と労力を使って私になんらかのメッセージを送って来たりしないだろう。

 

好きも嫌いも紙一重というか、何かしらうおしーらんに構ってくるってことは、「うおしーらんに興味しんしんである」ってことの動かぬ証拠だ

 

 

 

 

キレイで甘くて美味しいケーキには、「素敵!」「食べたい!」と、人がたくさん集まってくる。

けれど、同時にゴキブリの餌にもなったりする。

 

 

それと一緒で、人を惹きつけるものは、必ずよくないものからもセットで好かれてしまうということ。

 

 

どんな素晴らしいアーティストも、著名人も、誰からも1ミリも嫌われなかった人など、存在しない。

素晴らしい人ほど、それだけアンチはいたわけだし、そもそも全ての人から好かれたり応援されることなど不可能だ。

 

まだまだ小さいうおしーらん

 

けれど、動画にたった2つの低評価が付いていただけで動じてしまう私はまだまだだと思う。

まだ全然注目に値していないし、もっと人を惹きつけるコンテンツを作り出したい。

 

たかがゴキブリ2匹でキャーキャー言っている場合ではない。

 

たとえゴキブリ1000匹から好かれようとも、10万人100万人以上の人に勇気と希望を与えたい。

 

 

2019年は、うおしーらんにとって、飛躍・完成の年になります。

そのためにどんなことに取り組んでいこうか、水面下で色々考えています。

時には、うおしーらんオンラインサロンのメンバーにも手伝ってもらいながら。

 

 

引き続き、よろしくお願いします!!!

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 「音楽作って、遊んで暮らすよ」をテーマに活動中。 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 うおしーらんオフィシャルサイトはこちら