3日前に「クラウドファンディングやりたい…(ボソッ」って呟いたらすでに実現し始めてて怖い件

スポンサードリンク




こんばんは!

退職まであと136日、UOです。

 

思い立ったが吉日。

 

突然ですが、

来月クラウドファンディング

やることになりました。

 

UOがライブ活動と会社勤めを辞め、

上京して音楽でフリーランスとして生きて行く宣言をし、

地元名古屋で初めて受けた楽曲提供のお仕事が、

豊川のダンススタジオ

STUDIO CLOVERからのご依頼でした。

 

「スタジオの生徒たち全員で、

心を一つにして踊るための楽曲を作って欲しい」

 

そして生まれた楽曲が

“きずな feat. STUDIO CLOVER”

でした。

 

この曲のミュージックビデオを作るための

クラウドファンディングです。

 

 

ミュージックビデオ制作の

案が浮かんだのは、だいたい3日前。

 

昼間、大学職員の仕事をしている最中に

 

「あ」

 

って感じで降ってきました。

 

「めっちゃ面白そう」

 

そしたら、

ぶわーーーーーーって

そのミュージックビデオの絵が思い浮かんできて

 

「STUDIO CLOVERの生徒さんに踊ってもらおう」

「場所はTOLANDのクラフトの森しかありえない」

「たくさんの人を巻き込むために

クラウドファンディングで資金を集めよう」

 

もう、そこまできたら

思い立ったが吉日。

 

STUDIO CLOVERの代表の武田さんと

TOLANDのオーナーの康陽さんに

連絡を入れたところ速攻OK。

 

なんとその2日後には三人で

LINEテレビ電話で

打ち合わせまでしていました。

 

 

そして、今日、撮影担当のはらちゃんに依頼をかけたら

こちらも2つ返事でOK。

 

物事がいともカンタンに進みすぎて

ちょっと怖いくらいだ。

 

「自分のため」から「誰かのためになろう」って思った

 

5年前、バンド活動をしていた時は

「自分が音楽で成功して

今まで馬鹿にしてきた人たちを

見返してやるんだ」

って気持ちでずっといましたが、

 

びっくりするほど

何かをしようとすると必ず障害にぶつかりました。

 

軌道に乗ろうとしてるときに

メンバーが抜けたり

周りと比べて卑屈になったり

全然お客さんを集めることができなかったり

声が出なくなる病気になったり

 

 

けど、そんな活動に嫌気がさして

人生のどん詰まりにきてしまった

今年の夏頃

 

 

TOLANDや旅BARを始めとした

音楽とは全く関係のないコミュニティに

関わるようになって

 

人のご縁を辿り辿りで

いろんな人に出会って

 

みんな、それぞれ自分が頑張っている分野で

輝いていて

 

どんどん考え方が変わっていって

 

「自分も、この人たちの活動の

お役に立ちたい」

 

そんな風に思うようになりました。

 

じゃあ、自分が役に立てることって

どんなことだろう?

 

歌・作詞・作曲

 

これしか浮かびませんでした。

 

だって、5年も本気でやり続けてきたことだから。

 

これまで、自分のためだけに使ってきた

自分の能力を、

今度は誰かの夢を実現させるために

使いたい。

 

そう思って、

「音楽フリーランス」宣言をしてから

実にたくさんの方から

「曲を作って欲しい」

「歌って欲しい」

とご依頼を受けるようになりました。

 

 

曲を作る時は

ご依頼された方とたくさん打ち合わせをして

 

曲の速さは?

どんなメッセージを込めたい?

歌詞の内容は?

使う楽器は?

 

など、細かく要望を聞いて作るので

 

自分のためだけに曲を作っていた頃では

全く考えられないような

思いもよらない曲調の曲が

出来上がったりします。

 

 

そして、完成した作品を

ご依頼主に聴いてもらったら

喜んでもらえて

 

それが面白くて仕方がなくて

 

 

それをやり始めてから

「面白そう!!」

って思える企画に

次々とお誘い頂けるようになったり

 

今回のように、自分から旗を上げて

「こんな企画がやりたいので

手を貸してください!」

って言ったら

すんなり仲間が集まったり

 

 

 

やっと、これまでの自分の

何がいけなかったのか

 

そして、今後どんな風に

生きていけばいいのか

 

何となくわかってきた気がします。

 

「自分の得意分野で

人のお役に立とう」

 

一見当たり前のことのように聞こえるこの言葉。

ずっと自分のことしか考えてなかったから

ずっと気づけずにいたけど、

今後一生使えるこの信念を教えてくれたのは

周りの皆さんでした。

 

MV制作クラウドファンディングを通じて恩返しがしたい

 

今回のミュージックビデオは

UOの音楽制作に関わった人たちの活動を応援する

という目的で作ります。

 

具体的には、

ビデオにダンサーとして出演してくれるSTUDIO CLOVER

場所を提供してくれるTOLAND

レコーディングをしてくれたOval Studio

撮影をしてくれるはらちゃん

CDジャケットを担当するクリエイターさん(これから声をかけます。このブログのヘッダー画像を描いてくれたお二人で検討中)

の活動を、今回のミュージックビデオの制作プロジェクトを通じて

広く知ってもらう。

 

そのためには

たくさんの共犯者集め(=クラウドファンディング)

が必要だと考えました。

 

そして、共犯者として加わってくれた皆さんとも一緒に

思い出を作りたいと思い、

 

リターンとして、撮影当日に会場に来てもらい

ミュージックビデオにエキストラとして

出演していただこう

と考えております。

(その他にもリターンは考え中!)

 

 

 

そして、すごく個人的ではありますが

もう一つ、このプロジェクトには目的があります。

 

「音楽作って、遊んで暮らす」

と決断したUOが2018年の4月に上京する前に

 

長いことお世話になったこの「名古屋」という土地で

一つ、でっかいことを実現させて

胸を張って、東京でもやっていきたい

 

というものです。

 

せっかく、こうやって

夢を実現させるための実況中継として

このブログも書いているわけですし

 

何か、みんなで参加できるような

面白い形にしたいなって。

 

初めてのクラウドファンディング。

ワクワクするけど、ちょっと怖い!笑

 

けど、その過程はできるだけ

みんなと一緒に楽しくやりたいので

 

この企画の立ち上げに

ぜひ参加してください。

 

このクラウドファンディングの

Facbookページが完成しました!!

 

こちらで、プロジェクトの内部情報を公開していきますので

「いいね」を押して、

ワクワク会議に参加してください。

 

 

 

なお、この企画のコアメンバーによる

秘密のLINEグループはすでに稼働中です!!

 

どんなリターンにする?

どうやって出資者を集める?

どんな文章にする?

どうやって宣伝する?

 

そういったことをコアメンバーで

意見を出し合っていく予定ですが

それに加わってみたい!!という方は

このグループにご招待いたします。

 

UOまで、メールでご連絡ください▼

suzumushi.info@gmail.com

 

どうぞよろしくお願いいたします!!!

 

▼その後、企画はどんどん進んでいますよ。

事務所とか入ってないけど、RADWIMPSみたいなMVをいっそみんなで作っちゃおうよ。

▼(12/16更新)いよいよプロジェクトが開始!ご支援受付は2018.1.14 23:59まで。ご支援&撮影へのご参加お待ちしております!

 


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    2 × three =

    ABOUTこの記事をかいた人

    【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら