【きずな振付】豊川STUDIO CLOVERでHIP HOPダンスの体験レッスンを受けてみた。

スポンサードリンク




こんにちは!

退職まであと92日、UOです。

 

今日は、豊川のダンススタジオSTUDIO CLOVERにて、HIP HOPダンスのレッスンを受けてきました!

私の隣に写っているのは、今回ダンスをレクチャーしてくれた、STUDIO CLOVERの代表の武田直也さん!

 

HIP HOPダンスレッスンを受けに行ったいきさつ

 

武田さんが人生の迷子から抜け出すきっかけをくれた

大学1年から今年の夏までずっと、「スズムシラプソディ」 という名前でアーティストとして音楽活動をしていました。

けど、ワンマンライブを前に、急に活動そのものが苦しくなって、限界を感じ、スズムシラプソディを辞めてしまいました。

辞めた直後は、なぜ自分の心が苦しくなってしまったのか、はっきりとした理由が自分でもよくわかりませんでした。

それでも、「音楽を作りたい」という思いは消えず、軽い気持ちでSNSに「私に曲を作って欲しい人がいたら声かけて下さい」と投稿したところ、STUDIO CLOVERの武田直也さんから

「子供から大人まで、スタジオの生徒さんが全員で心を一つにして踊れる曲を作っていただけませんか?」

というご依頼をいただきました。

 

武田さんとはこれまで一度もお会いしたことがありませんでした。Instagramで私の投稿を見ていて、密かに応援してくださっていたそうです。

武田さんからお声をかけていただけたことが本当に嬉しくて、LINEテレビ電話で武田さんと、曲のイメージや込めたいメッセージなどを何度も打ち合わせをしました。

 

そして、生まれた楽曲が

「きずな feat. STUDIO CLOVER」

でした。

タイトルには、

「みんな、ひとりじゃないよ。仲間と一緒に夢を掴むために進んでいこう」

という、武田さんの想いが込められています。

 

これをきっかけに、私はこれまでの「スズムシラプソディ」の時の活動スタイルをガラリと変え、楽曲を必要としている人からアイディアをもらい一緒になって曲を作るという活動に変わりました。

自分が曲を作ることでご依頼主が嬉しそうな顔で喜んでくれるのが何より嬉しくなりました。

そこで気づきました。これまで、「スズムシラプソディ」の時は

自分が成功したい

自分が歌って気持ちよくなればいい

と、自分のことばかり考えて独りよがりだったことに。だから、心が悲鳴をあげて活動が続けられなくなったのです。

 

そうではなくて、

自分が曲を作ることで人の役に立ちたい

喜ぶ顔が見たい

という気持ちで音楽活動をするのがすごく楽しくなってきました。

私のことを応援してくれる人たちにもっともっと喜んでもらいたい。そう思って思いついた企画がクラウドファンディングです。

 

音楽を通じて人と繋がる喜びを共有したくて。

自分が作った音楽で人と繋がりたい。人の役に立ちたい。

だから、思い切って「クラウドファンディングでミュージックビデオの制作資金を集め、支援してくれた人にビデオにエキストラとして参加してもらう」という企画をはじめました。

 

一人でビデオ作るより、みんなで作った方が、撮影に参加してくれたみんなで広めることができるから、制作に関わったクリエイターたちや、CLOVERのダンサーのみんなにとって「多くの人に観てもらえる」という面でプラスになるだけでなく、参加してくれたエキストラのみんなにとっても最高の思い出になると考えました。

今回の楽曲のタイトルが「きずな」であるから、みんなで参加することで文字通り人との出会い・絆が生まれるきっかけになって欲しいと思っています。

 

作りたいビデオはズバリ「RADWIMPS」っぽいビデオ!

RADWIMPSの「いいんですか」のミュージックビデオがモデルです!

TOLAND 4階の「クラフトの森」でクラウドファンディング出資者のエキストラの皆さんに輪になって並んでもらいます。

円は、全部で100人くらいで作れたらサイコー。

その円の中心で、STUDIO CLOVERのレッスン生の皆さんがダンスをしたり、UOが歌ったり、様々なパフォーマンスを繰り広げる、というもの。

「いいんですか」のビデオみたいにみんなで手拍子をして盛り上がりたい!

 

撮影日は、2018年2月18日(日)

場所は大須TOLANDです!

参加条件は、「クラウドファンディングでご支援いただき、お好きなリターンを選んでいただくこと」です。(※5000円のCDのリターンを除く)

▼ご支援は、こちらをクリックするとできます!

あなたからのご支援&ご参加、お待ちしてます!!

 

自分の曲のダンスをレクチャーされるという新感覚。

…という、私がダンスを習いに行ったのにはこんないきさつがありました。

そう、私もビデオの中で、自分が作った曲のダンスをCLOVERのみなさんと踊るので、完璧に覚えていかなければならないわけです!笑

 

そんなわけで、年末でがらんがらんの名鉄に揺られ、尾張の国・名古屋市からはるばる、三河の国・豊川市へ。

朝9:30ごろ。

なかなかUOの予定が合わず、こんな年の瀬になってしまいました。お家の大掃除などでお忙しい中、武田さんにCLOVERへ来ていただきました。有難や!

 

CLOVER入り口はこんな感じ!

武田さん
廃墟みたいでしょ?笑
UO
いや、なんかHIP HOP感出てていい感じじゃないですか?笑
武田さん
実際に、廃墟マニアの人とかが写真撮りに来たりするんですよ。
UO
あ、ビレバンとかで「廃墟写真集」とかいって置いてある、アレですね。

 

しかし、中はこんな感じでとってもピカピカです。(HPより引用)

 

そして室内用の靴に履き替え、早速レッスンを受けることに。

 

スタジオのスピーカーから、私が作った「きずな feat. STUDIO CLOVER」が流れはじめます。

「あ、私が作った曲を武田さんをはじめ、スタジオのみんなで何度も繰り返し聴いてくれて、振り付けを考えてくれたんだなぁ」

と、何だかちょっと感慨深い気持ちにもなったりしました。

 

これが、「きずな feat. STUDIO CLOVER」の振付だ!

1「スニーカーの紐結んで」

武田さん
まず、サビの冒頭の「スニーカーの紐結んで」の歌詞の部分は、歌詞の通り「紐を結ぶ」を表現しています

UO
上半身の動きがちょっと難しい…

 

武田さん
目の前に鉄棒があって、それを下からくぐるようなイメージを持つとうまくいきますよ!

 

UO
…あ、本当だ!うまくできました。すげえ!

 

2「僕はきみの隣に立って yeah」

武田さん
「僕」で胸に手を当て、「きみ」で前を指差しながら右へ動きます。

 

UO
「きみ」の動き、なんか自分がやると武田さんみたいにいかないなぁ。どうやったらかっこよくできますか?

 

武田さん
「僕」より「きみ」の方が強い動きになっています。

下半身は完全に右を向いて、首も一緒に右へ動かすと、より強い動きになります。

 

UO
これは、ちょっと練習が必要な動きだなぁ笑

あと、ここの部分は動きのリズムもちょっと独特ですよね。

 

武田さん
HIP HOPダンスの振り付けには2種類あって、

・ベース音に合わせて動く方法

・歌詞に合わせて動く方法

があるんです。

この部分の振り付けは「僕」「きみ」というように、歌詞をそのまま動きで表現しているので、歌詞のタイミングに合わせて動きます。

だから、ちょっとだけ難しく感じるんですね。

 

UO
なるほど〜〜!!面白い。勉強になります。

 

3「ゆっくり体揺らせば、重なるよgrooving you & me」

武田さん
みーぎ、ひだり、

右・左・右

に体を揺らします。これも歌詞の通りですね。

これは、左右に土管があって、それをくぐるようなイメージで動くとかっこよく見えます。

 

UO
ふむふむ。

 

武田さん
あとは、前へステップ、後ろへステップです。

そのあとの間奏部分は、フリースタイルでみんなに自由に踊ってもらいます。

 

4「放課後に集まるグランド、とっくのとう過ぎた最終下校 照らす明かりはまるでナイター、僕らの時間まだ続いてた」

武田さん
上半身はぶらーんとして、左右へ跳ねます。

そのあとは左右へステップ。

 

UO
ステップむずい!!笑

 

武田さん
普通に歩くような感覚でやるとうまくいきますよ。

 

5「腕を伸ばせ、掴みたい未来 踵を鳴らせ、不安蹴散らしたい 1人じゃ恐ろしい夜だってきみと踊れるこの時間があれば」

武田さん
足を後ろに交差させながら左右へステップです。

 

UO
このステップ、どうやったら武田さんみたいにかっこよくできますか?

 

武田さん
ワン、ツー、スリー、フォー

という8ビートではなく、

ワンツースリーフォー、ワンツースリーフォー

というように、16ビートを感じながら飛び跳ねるように動くといいですよ。

 

UO
あっ、うまくできました!

 

武田さん
最後は足を交差させ、くるっと回ります。

 

6「どこで何をしてたって胸に明かりが灯るのは」

武田さん
この部分は、みんなが手拍子をしながらUOさんの元へ集まってきます。

 

UO
なんか、照れますね…笑

 

7「この感覚をいつでも呼び出せる鮮明に」

武田さん
足を開き、上半身を左右にくねらせ、最後にぐるっと回します。

 

UO
これはわりかし簡単だ!

 

8「だから今感じよう、全身に」


武田さん
踵を左右へ出したあと、全身を触るような動きをします。

 

UO
(この動き、ちょっとセクシーだなぁ。笑)

 

余談ですが、歌詞を読んでくれた大人の皆さんはちょっと勘付いたかもしれません。

敢えてわざわざ解説はしませんが、この曲の歌詞はUOの遊び心を効かせてダブルミーニングになっていまして、表の意味は「いつも一人じゃないよ」、裏の意味は…ご想像にお任せします。

 

きみもHIP HOPダンスを体験してみないか?

 

以上が、「きずな feat. STUDIO CLOVER」の一連の振り付けでした!!武田さん、本当にありがとうございます…!!

ちなみに、2番の部分はもっと簡単な振り付けで、エキストラの皆さんにも一緒に踊ってもらえるようにするそうですよ。

今まで解説してきた1番の部分のちょっと難しいけどカッコイイ振り付けも、「できるようになったぜ!!」っていう方は、2月18日のMV撮影日に一緒に踊りましょう!!

 

また、クラウドファンディングのリターンの中には、STUDIO CLOVERによる「ダンスレッスン無料体験」のリターンもご用意しています。

このリターンを選んで、2月18日の撮影に向けて今回の私のように、CLOVERで武田さんからガチでレッスンを受けに行って当日完ぺきなダンスを披露して、みんなを驚かせるっていうのもアリですよ!!笑

 

ご支援はこちらから、お待ちしております!(あとちょっとで達成しそう…!けど人数は100人集めたい!!)

最高な思い出作ろうよー!!

よろしくお願いします!!!!

 

▼実は、内心結構ドキドキしながらやっています。

【クラウドファンディング】公開直前、今の気持ちを正直にぶっちゃけます。


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =

ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら