【fever投票】私がTwitterで一日だけ「DJわいざん 」になりきってみた結果。

スポンサードリンク




こんばんは!

退職まであと54日、【タイアップ専門シンガーソングライター】のUOです!

 

昨日、私はTwitterで「DJわいざん 」になりすましをしていました。

DJわいざん とは?

わいざん

広島を拠点に全国で《行動してる人》を応援してます。
その為の手段としてマーケティングセミナー・講演活動、DJ、藍染をやってます。おもしろい事、楽しそうな事が好きで、ディズニーのエレクトリカルパレードを超えるエンタメを目指してます。一度きりの人生、一緒に踊りましょう!その方が楽しい。

引用元:公式サイト

このブログでも何度も話題にしていますが、昨年11月にTOLANDでわいざんさんのTwitter活用講座を受け、そこで教わったことを実際にTwitterで実行に移してみた結果、たった数ヶ月で私を応援してくださる仲間が一気に増えました。

▼本人お墨付き!その時の模様をまとめた記事はこちら

【Twitter活用術】DJを始めてわずか4ヶ月で超人気DJ「ダイノジ」からTwitter上でイベント出演オファーを受けた男「わいざん」から学んだこと

最近、わいざんさんの公式オンラインサロンにも入りました。TwitterからブログからFacebookから、わいざん さんから学ぶことは本当に無限にあります。

そんなわいざんさんの新しい挑戦「fever」に、僭越ながら私もご協力させていただくこととなったのです。

 

feverとは?

簡単に言うと、コミュニティの価値の取引所。

株式会社が株を発行して、多くの人がたくさん買えばその会社の株の価値は上がるし、みんなが手放せば価値も下がる。

この例えでいう「株式会社」のように、このfeverというサービスでは「コミュニティ」が株式会社のように上場して、コミュニティコインを発行することができます。

そのコミュニティが盛り上がれば盛り上がるほど、コミュニティコインの価値が上がる仕組み。仮想通貨のようなものですね。

 

最近発足したばかりのサービスなようですが、このfeverへ上場するためのコミュニティの人気投票が現在行われております!

上場する条件は、人気投票で5位以内になること。

ユーザーはTwitterもしくはFacebookでログインすることで、応援したいコミュニティに票を投じることができるのですが、投票できるのは1日一票(1つのコミュニティ)のみ。ただし、投票期間中は毎日どこかのコミュニティを選んで一票入れることができます。

 

TOLAND、ぺーたーず、DJわいざん の3者の動き

 

名古屋で私が属しているコミュニティ「TOLAND」、私自身が変わるきっかけをくれた「DJわいざん」、そしてまだ行ったことはありませんが上京したら必ず行こうと思っている、東京の阿佐ヶ谷にある、名古屋でいうとTOLANDのような場所「ペーたーず」。

この3つのコミュニティは仲が良く、そしてこの3つのコミュニティ全部を応援している人はとても多いのです。私のTOLAND仲間も東京に行けばぺーたーずにもよく行くし。

3者ともfeverで5位以内を目指しており、投票に参加中の数あるコミュニティを大きく凌駕し、3者が1~4位を行ったり来たりしている状況でした。

初めは、3者とも「1位を目指す」とゴリゴリ押していた印象でしたが…

TOLANDの仲間(であり私のパートナー)のプロテイン前田くんのこのツイートが、わいざんさんのオンラインサロンで大きな話題となりました。

どうやら、TOLANDの片隅にあるスナックCANDYで、仲間たちと「1位を目指すより、応援しているコミュニティがみんな5位以内に入って、みんなで上場できた方がみんなにとって幸せではないか」という会話になったようです。

この動きを受け、DJわいざんさんは決めたのです。

「DJわいざんの座をみんなに任せて、俺はTOLANDに投票する」と。

このブログ、私は読んでいるうちに泣けてきました。ぜひ、読んでいただきたいです。

 

#一日DJわいざん 制度

わいざん さん本人から「一日DJわいざん」に任命された人は、feverでわいざん さんに投票してもらえるようTwitterで呼びかけたり、「投票したよ!」というツイートに対してお礼のコメントをつぶやいたりして、わいざん さん本人の代わりにわいざん 界隈を盛り上げます。

ここからは、わいざんさんのオンラインサロンメンバーの中から、日替わりで一日DJわいざん が任命されて行くこととなります。

 

2月3日「しなやん」

▼わいざん さんのブログ

四日市のきゅうり農家しなやんが #一日DJわいざんを務めた結果

 

2月4日「イトーちゃん」


▼わいざん さんのブログはこちら

滋賀県在住会社員が #一日DJわいざん を務めた結果

 

2月5日「すみへい」

 

2月6日「おーえむ」

 

 

そして…..

2月7日はわたくし、UOでございました。

この日1日だけ、プロフィールを完全に遊んでみました。(ちなみにプロフィール文はパートナーのプロテイン前田くんが日付が変わる15分前に焦って考えてくれました。ブラボー!!)

 

UOバージョン #一日DJわいざん 活動報告。

まず、自分のクラウドファンディングへの協力を呼びかける固定ツイートを外して、みんなにDJわいざんへの投票を呼びかけるツイートを固定ツイートに。

恩着せがましく、こんなツイートもしてみました。

そうしたら、こんな動きが!!


なんと、わいざん界隈のはらしょーさんが、私がずっと気に入ってた固定ツイートを、ご自分の固定ツイートにしてくれたのです!!!

はらしょーさんは、つい最近私のクラウドファンディングMV撮影企画に参加を決めてくれました。想い、しかと受け止めました。これには嬉しかったなぁ。

そうしたら、136いいねで止まっていた元ツイートのいいね数が伸び始めたのです!!

これ、すごく勉強になった。

人のために動くと、思いもよらない場所から恩が回ってくるということ。

 

調子に乗り始めた私は、完全にDJわいざん になりきりはじめます。

つっこまれます。

みんなからの反応も上々です。

めちゃめちゃ数が多いので全ては紹介しきれませんが、みんな私のなりきり具合を楽しんでくれた様子!有り難や!!

 

そして今度はわいざんさんがUOになりきる事態。

これ、私のだいぶ昔の固定ツイートじゃん!!

どっから拾って来たんだろう!!芸が細かいよ!!!!

 

そして、ざわつくTOLAND界隈。

 

UOになりきってリプライまで飛ばす始末。

これにはツボりました。

 

 

そして、パートナーのプロテイン前田くんもアイコンをいじり、調子に乗りはじめます。

自称、#一日DJわいざん補佐 のプロテイン前田くんに影響される人たちも続出。

 

さらに調子に乗りはじめた私は、仕事中に「動画配信やったら面白いんじゃないか」と思いつきます。

SHOWROOMという動画配信アプリを使って22:00〜23:00の1時間、私の自宅でプロテイン前田くんと動画配信をしたところ、コメントの嵐が来て途中読み上げきれなくなるという嬉しい事態に…!!

そしてDJわいざん 本人も登場して大興奮に。

未熟な配信ながら、お付き合いいただいたみなさまどうもありがとうございました!!

 

DJわいざん へ投票してくれた人たちをエゴサーチしてひたすらお礼を言いまくる活動のさなか、ちゃんと現状報告も忘れずに。

そして0:00をまわった頃、2月8日に #一日DJわいざん  を務める「くっすん」さんへバトンタッチ。

 

くっすんさんの1日が始まりました!!!

 

1日の所感。

わいざん をサポート!!というより、完全に私自身が楽しんでた。

それをみんなが面白がってくれるのも本当に嬉しかった。

こんな風にみんなに楽しさや所属感という価値を提供できるコミュニティだからこそ、feverでも票を集めているんだろうな。

最高な思い出をどうもありがとうございました。ただそれだけです。

そんなわいざんさんへ、どうか清き一票をよろしくお願いします!!!

 

※投票は2月9日まで。ラストスパート!!!

▼そんなDJわいざんと、3月25日にTOLANDで奇跡のトークセッションを行います。UOの人生を変えた男と語り合う夜。あなたの人生もきっと変わる。

トークセッション詳細

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!ブログの感想などはレターポットでお待ちしております!!


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら