東京へ旅立つ私のためにTOLANDの仲間達が企画した「想いを届けるライブ」

スポンサードリンク




こんにちは!

退職まであと19日、タイアップ専門シンガーソングライターのうおしーらんです。

 

3月31日に今の大学職員の仕事を辞めて、長くお世話になった名古屋を離れ、東京へ移り住みます。

 

5年間もメジャーデビューを目指して音楽活動したけど、全然ダメだった。

で、去年の8月に音楽アーティストとしての活動を諦めた。

けど、何かしらの形で音楽を仕事にしたいという気持ちは消えなかった。

3年続けて全くやりがいを見つけられなかった大学職員の仕事を辞めて、フリーランスで音楽を仕事にしていこうと決めた。

大学職員の仕事を辞めたら、名古屋にいる理由なんか無い。

一度は住んでみたかった街、東京に住んでみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋なんか、こんなちっぽけで面白くない街、出て行ってしまおう。

今すぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思い、退職を思いついたのが去年の11月。

係長に、来月の12月に退職させてくださいと申し出たところ、「来年の3月末まで働いてくれないか」と言われ、しぶしぶ春まで残ることに。そして今に至ります。

▼超ドキドキした!!係長に退職を申し出た時のもようはこちら

関連記事:【ついに】今日、係長に「辞めます」って言ってきた。その結果

 

自分の意思とは反して、東京へ発つ時期が伸びてしまい、名古屋へ予定より3ヶ月も長く残ることになってしまったのですが、その「余分な」時間である3ヶ月間に、名古屋では本当に色々なことがありました。

 

初めてのクラウドファンディングに挑戦したり、

関連記事:楽曲エピソード:きずな feat. STUDIO CLOVER(クラウドファンディング物語)

 

旅BARのテーマソングのミュージックビデオを撮影したり、

関連記事:楽曲エピソード:名古屋の旅BAR 

 

鈴木重雄のライブに感動したり、

まるちペインターなんばちゃんのクラウドファンディングに協力することが決まったり、


プロテイン前田くんというパートナーができたり


関連記事:付き合って1ヶ月経つので彼氏を公開します。(※まじめなブログです) 

 

他にも、書ききれないくらい色々なことがありました。

どれもこれも、TOLAND旅BARっていう名古屋のコミュニティの仲間たちがいてくれたからできた、最高な思い出ばかりです。

 

 

そんな仲間たちが、東京へ旅立つ私を送り出すためのイベントを、3月30日にTOLANDで企画してくれています。

「思いを届けるライブ」

パートナーのプロテイン前田くん、いつも私を支えてくれているあやちゃん、偶然同じ時期に仕事を辞めて音楽でフリーランスになるしょんたくんが発起人です。

彼らが仲間を集めて、自分たちが歌を歌うことでうおしーらんへエールを送ってくれるイベントを企画してくれました。。

こちら、プロテイン前田くんの想いです。

イベントの公式ページから引用させていただきます。

プロテイン前田の想い

僕はこのライブの主催をさせてもらってます。

最初は、「四月から仕事を辞めて、
独立して新たな道に進む友達のために
一曲歌いたい!」
「ライブをやりたい!」と
しょんたくんに相談したのが始まりです。

そこから、縁が重なり、あやちゃんと繋がって、
一気に協力者が増え、今の状態になります。
僕の予想をはるかに上回る、
とても豪華なライブになりました。

しょんたくんはこのライブのために
僕にボイトレを教えてくれて、
あやちゃんは運営を半端じゃない熱量で
進めてくれました。
そして、出演者、協力者の方は皆んな、
それぞれが想いを持って
このライブに臨んでくれている。
協力者も、快くサポートを
引き受けてくれていました。
感謝してもしきれません。
僕ができるお返しは、全力で歌うことだけです。

僕が歌う「Funny Bunny」は、
想いを持った人を応援し、
背中を押す曲です。
そしてこのライブは、
既に皆んなの想いが
乗ったライブになっています。
出演者、協力者、
新たな道を進む全ての人のために、
全力で歌わせて頂きます。

(引用元:https://peraichi.com/landing_pages/view/omotodolive0330)

他にも、こんな仲間たちが参加します。

ライブには、あやねす、濱田さん、鈴木重雄、Shinjiさん、

司会には、芸人の世聞さん

ドキュメンタリー映像制作には、私のクラファン 企画でもお世話になったもってぃ

イベントページデザインにはなんばちゃん、

そして、チケット制作には、私もなんどもお世話になっている平岩正俊さんが関わってくださっています!


私のために、こんなにたくさんの仲間たちが動いてくれていたなんて…このイベントページを見ただけで、すでに胸がいっぱいになりました。

 

開催までの、仲間たちの取り組み

私は主催者であるプロテイン前田くんとは同じ部屋に住んでいるので、このライブに向けて打ち合わせをしたり、練習をしたりしていることはなんとなく知っていました。

ここ最近はスタジオ練習をしてきたみたいですよ!

けれど、プロテインくんが最近、弱音を吐いたのです。

「集客がまだ全然できてない…」

と。

集客をするために、今の自分たちの取り組みについてブログに綴ろうということになったようで、文章を書くのが苦手なくせに必死でブログを書き始めます。

必死で…….


なんか、遊んでるし。

いや、けど、私の部屋にいるときは結構必死で書いてました。

そして、出来上がったのがこちらのブログです。


読んでみてください。

とにかく、すっげー、不器用!!!!!!

けど、熱意がめちゃめちゃ伝わってきた。

仲間たちからのTwitterのコメントからも、その思いの熱さが伺えます。

すると、「ライブ観に行こうよ!」という動きも!よらさん、jamiさん、みやゆうさんありがとうございます!

そしてさらに、コアメンバーの1人であるあやちゃんのブログを読んで、このライブ開催までにどんな紆余曲折があったのか、どんな苦労があったのか、そしてどんな熱い思いがあるのか、さらに深く知ることとなりました。

あやちゃんのこのブログによると、もともとプロテインくんはthe pillowsのFunny Bunnyという曲をカラオケで歌う予定だったようです。

(2人の思い出の曲というわけではありませんが、私は高校生の時ずっと大好きで聴き続けていた曲だったので、偶然さに驚きました。)

君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ」という、サビの歌詞が本当に素敵な曲です。

しかし、仲間の間でこの曲をそのままカバーで歌うのでは想いが伝わらないということで、プロテインくんとあやちゃんがこの曲の歌詞とメロディにアレンジを加えて、それをプロテインくんが歌うこととなったようです。

あやちゃんのこのブログ記事を読むと、みんながどれだけ必死にこの案を形にしようと奮闘していたか、こと細かに伝わってきます。

そして、プロテインくんが歌う歌詞は、こんな感じになったようです。(あやちゃんのブログから引用)

プロちゃんから入れてほしいと言われたワードがこちら。

・ここから

・遠く

・響く

・こころが

・手紙

それらを入れて、プロちゃんからうおちゃんへ贈る歌を書いてみました。(ピンク色がプロちゃんワード、そして太字のところが変更した歌詞です)

 

ここから遠く 旅立つ君は

いま、どんな気持ちだろう

どんな空を見るだろう?

これから僕ら はじまる日々は

ねえ、どんな形だろう

どんな音が 響くだろう?

出会って、

本当の僕になれたんだ

ありがとう となりにいてくれて

君の夢が叶うのは

誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで

走ってきた

手紙書くって 僕が言ったら

また、君は笑うかなあ

それとも泣いちゃうのかなあ

世界は今日も簡単そうにまわる

たまにこころが ついていかないけど

君の夢が叶うのは

誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで

走ってきた

今ごろどこでどうしてるのかな

目に浮かぶ 照れたうしろ姿に あいたいな

君の夢が叶うのは

誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで

走ってきた

食べなくても 不安じゃない

地面は続いてるんだ

好きな場所へ行こう

僕らは それができる

(引用元:http://ayachantoland.hatenablog.com/entry/2018/03/13/021450)

 

そして、この曲を練習していたもようはプロテインくんとあやちゃんがTwitterで伝えてくれていました。


この一連の流れを見ていて、胸が熱くなったのと同時に、こんなことを思いました。

 

友達がいてくれるのって、全然当たり前のことなんかじゃない。

実は最近、私はある1人の友達を深く傷付けてしまいました。

プライベートなことなので、詳しく書くことはできませんが、私がしてしまったことで、その子はもしかしたら一生傷を負うことになるかもしれない、それくらいのことをしてしまいました。

原因は、私の気遣いの足りなさでした。

その子の私に対する怒り、悲しみを考えると、その子とはもう元どおりになることはないと思います。

 

それが起きてしまった時に、なぜ、私はその子が傷つくということを想像できずに、そんな行動を取ってしまったのだろうと、考えてみました。

 

 

たぶん、たぶんですけど、私には応援してくれる仲間がたくさんいるんだからって思い上がってたんだと思います。

その子は、私が普段関わっているTOLANDや旅BARの界隈の人ではありません。

私がTOLANDや旅BARとここまで深く関わるようになったのは、去年の秋から。

ここに来る人たちって、楽しいことが大好きで、好きなことを仕事にしている人たちも多くて、過去の常識に疑問を抱いて新しい時代の取り組みに積極的な人たちが本当に多い。

 

私はここと出会うまでは、古くからの親世代の常識を親に刷り込まれて、なんとなく大学へ行ってなんとなく就職して、っていう世界で生きてきました。

だから、その世界にいた頃にできた友達とは、正直、久しぶりに会っても話が合わなくなっていたり、だんだんと疎遠になってしまっています。

 

疎遠になること自体は悪いことだとは思いません。誰だって、人生のステージでその時々に付き合う人って変わっていくから。

 

けど、だからと言って、その頃の友達のことを安易に傷付けたりして良いわけがない

 

 

私は、表向きでは謙虚な姿勢を見せているつもりが、心の奥底ではどんどん傲慢になっていたと思います。

クラウドファンディングもたくさんの方の支援のおかげで成功させて、私に曲を作ってくださいというご依頼もたくさんいただけて、この「想いを届けるライブ」で私のためにたくさんの仲間が動いてくれている。

 

本当に、慣れって怖い。

知らない間に人間の心を蝕んでいく。

 

だんだん、お金があることに感謝しなくなり、パートナーがいることに感謝しなくなり、友達に囲まれていることに感謝しなくなっていく。

「ある」ことが、当たり前になっていく。

 

 

私は、たくさんの仲間たちに囲まれて、今本当に幸せです。

 

知らない間に、それがいかにありがたい(感じで書いて、その名の通り「有難い」)ことなのかってことが、麻痺して感じ取れなくなってたのではないかなと思います。

 

 

もう、同じ失敗は二度と繰り返さない。

 

ずーーーーっと変わらない感度で、仲間がいてくれることの感謝を、忘れない。

 

 

だからこそ、今回の「想いを届けるライブ」は、送られる側として、私も全力でみんなの想いを受け止めたいのです。

 

あなたにも、このライブを生で観に来て欲しい。

今回、みんながなぜこのイベントにたくさんのお客さんを集めたいと思っているのか、このLINEのやり取りに全て詰まっていました。

プロテインくんのブログに掲載してあった画像を引用しているので、公開しても大丈夫なものです)

これから東京へ旅立つうおしーらんに対してだけでなく、来てくれた人全員が夢や希望を感じ取って欲しい。

そして、送られる側の私がこんなことを言うのも変かもしれませんが、こんなに一生懸命になっている仲間たちが「開催して良かった!!」と心の底から思って欲しくて、お客さんでいっぱいの最高な景色を観て欲しいんです。

だから、あなたにも本当に観に来て欲しい。

イベントの詳細はこちら!

ちなみに、ライブのあとはそのままTOLANDの2Fで「うおしーらんを送る会」という送別会も開催してくれます!!(飲み放題と軽食付き)

ぜひ、3月30日に、私とTOLANDの仲間たちと、最高級の感動の空間を分かち合いましょう!!

>>「想いを届けるライブ」詳細&チケットはこちら!
 

 


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら