日本一友達ができるスポット「旅BAR 夢port」のズッキーに聞く、人気店経営の秘密

スポンサードリンク




こんばんは!

タイアップ専門シンガーソングライターのうおしーらんです!

 

昨年12月に私はクラウドファンディングで、「あなたの魅力が200%伝わるブログを書きます」 という10,000円のリターンをご用意したところ、とてもありがたいことに9人の方がこのリターンを選択してくださいました!

▼クラウドファンディングで完成したミュージックビデオはこちら!

 

現在、ちょっとずつではありますが、「ブログを書きます」リターンと「楽曲提供します」リターンを選んでくださった方々に対して、リターンを履行している最中です。

昨日は、1人目のjamiさんの記事を書かせていただきました!

戦国クリエーター・jamiさんの熱い想いに、うおしーらんは応えたい。

2018.04.09

 

 

さて、この調子で1日1記事書き上げられるよう、奮闘中です。サボらないためにも、Twitterで実況中継しております。

全ての方へリターンの履行が完了するまで、だいぶお時間をいただくことになるかもしれませんが、必ず行いますので、今しばらくお待ちいただけると幸いですm(_ _)m

 

それでは、今日もいってみましょう。

ブログリターンお二人目は、「旅BAR 夢port」マネージャーのズッキーです!

旅BAR 夢portとは?

名古屋は栄にある、「日本で一番友達ができるBAR」です。

私も旅BARに通うようになってからたくさん友達ができて、クラウドファンディングの時にもたくさん協力してもらい、本当にいつもお世話になっています。

これまでも旅BARについていくつか記事を書かせてもらいました。

【クラウドファンディング】旅BARからの提案に涙が出そうになった件。1/20にUO新年会開催!

2018.01.12

【旅BAR望年会】私の居場所は、ライブハウスの外にあった。

2017.12.30

え、まだ行ってないの?「日本一友達ができる」と噂のBARが名古屋にあった!「旅BAR」の勢いがヤバイ

2017.11.15

 

 

また、先月はついに名古屋のテレビ局の取材も入りました!ますます注目が集まっている、名古屋の新観光スポットです。

 

そんな旅BARから去年の秋に「テーマソングとミュージックビデオを作って欲しい」とご依頼を受け、先日ついにそのビデオも公開されました。

旅BARのお客さんと一緒に歌詞を考え、ビデオに出演してもらい、力を合わせてできた作品です。

打倒・岡崎体育を掲げ、思わずクスっと笑ってしまう仕上がりとなっております。

 

このように、うおしーらんとも関係の深い旅BAR 夢port。

現在はズッキー、しょーごくん、コロちゃんの3人で経営されています。(ズッキーとしょーごくんはうおしーらんと同い年の92年生まれ!)

今回は、私のクラファン でブログのリターンを選んでくれたズッキーに、旅BARのマル秘エピソードやこれからのことなどをインタビューしてきました!!

 

うおしーらん
ズッキー、よろしくね!
ズッキー
うん!よろしくー!

旅BARが始まったきっかけ

うおしーらん
これだけ旅BARに遊びにきてるけど、そもそもなんで始まったのか知らないんだよね笑

そのあたりの話、聞かせてもらえるかな?

ズッキー
もともとはバーじゃなくて、「ワールドバンケット」っていう名前の、旅をテーマにしたイベントをやってたんだよね。

そのイベントでは月に一度、人とは違う変わった生き方をしている人をゲストに読んで、トークライブをしてた。

俺はそのイベントのスタッフをしていて、当時コロちゃんも一緒だったよ。

うおしーらん
へー!それは知らなかった!

なぜそこからバーをやることになったの?

ズッキー
みんながいつでも集まれる場所を作りたかったからなんだ。

イベント一緒にやってるメンバーがみんな仲良くて、けど集まれるのはイベントがある月に1回だけだからさ。

始めたての頃は、毎日学園祭みたいな気分でバーカウンターに立ってたよ。

ちなみに、当時の店長はコロちゃんだったんだけど、その理由はメンバーの中で唯一コロちゃんが無職だったからなんだよ笑

うおしーらん
なるほど笑

みんなが集まれる場所を作るにあたって、バーという形態をとったのはどうして?

ズッキー
バーっていう形態は物件が借りやすいんだよね。

しかも提供するものがお酒だから、お客さが注文するドリンクの単価も高いでしょ。

だから、経営が成り立ちやすいんだよね。

お酒が入ればお客さんの距離も縮まりやすいし!

最初は、栄の錦エリアに物件を借りて店をオープンさせたよ。

最初は全然人が集まらなかった。

うおしーらん
経営はすぐに軌道に乗ったの?
ズッキー
最初は全然ダメだったよ。

当時は夜中の3時まで営業してて、1日の来客数が2人しかなくて、売り上げが1万円以下の日とかざらにあった。

それでも半年間営業を続けて、なんとかギリギリ赤字はまぬがれてたかな。

ちなみに、店長のコロちゃんの当時の月収は5万円だった笑

うおしーらん
相当ヤバイな!
ズッキー
ヤバかった。だから、ワールドバンケットのイベント時代から付いてきてくれてた当時の初期メンバーは次々と辞めていったよ。
うおしーらん
今でこそこんなに賑わってる旅BARにも、そんな暗黒時代が…

どん底から一変、黒字経営に。集客のためにやったこと

うおしーらん
どんな打開策をとったの?
ズッキー
とにかく、新規の人に来てもらうためにはどうしたらいいかを考えた。

そこで考え付いたのが、「ネット集客」「1日店長制度」

うおしーらん
旅BARって、ネット集客するためにブログをまめに更新してるって前にも聞いた気がする!
ズッキー
そうそう。

その辺りのことはコロちゃんが得意で、いくつもブログを持って、SEO対策をしっかりやって、「名古屋 バー」とか「名古屋 友達ができる」とかで検索された時に上位ヒットするように工夫してた。

おかげさまで、今では毎日のように、「ネットで検索して来ました」っていう新規のお客さんが来るようになったよ。

うおしーらん
一日店長制度も、旅BARならではだよね。
ズッキー
1日店長制度は、大阪にある「週刊マガリ」っていうバーを参考にしたんだ。

世間一般でいうおしゃれなバーと差別化したかったんだよね。

だから、日替わりでお客さんにバーカウンターに立ってもらい、店長をしてもらうという仕組みを作ったんだ。

▼こちら、旅BARのグループLINEです。このようにほぼ毎日のようにお客さんが1日店長をつとめ、自分の好きなことを自由に提供しています!うおしーらんも経験あり。

うおしーらん
一日店長制度を始めてから、売り上げは上がった?
ズッキー
うん!上がった!

最初のうちは、その日店長をつとめる人の知り合いが店に来るようになったのね。

そうするとだんだん、店長をやった人がまた店長をやるようになって、店長のリピーターが増えたんだ。

そうすると、みんなに「旅BARは行くと楽しい場所」っていうように認識されるようになって、店長をやったことある人がお客さんとしても通うようになっていったんだよ。

うおしーらん
これは面白いね!!
ズッキー
ね!

「どうかな?これって面白いかな?」と思ったことをやってみたことで、功を奏したよ。

うまくいくまでは辛い時期もあったけど、初期からずっと経営に関わってくれていたメンバーとは本当に仲が良くて、大親友だったんだ。

だから、どれだけ経営が傾いても一緒に居たかった。

この頃は自分は看護師として病院で働いていたんだけど、そこが本当に激務で。

旅BARが、唯一居心地の良い場所だったんだよ。

うおしーらん
ズッキーにとって旅BARは本当に大切な場所だったんだね。

火災に葬式に。トラブル続きで追い出される

ズッキー
でもね、経営がうまく行き始めた頃にいくつかトラブルがあって。

まずは、営業時間中に火事が起きたこと。

誰も怪我しなかったから、今では笑い話にできるけど、あれは焦ったね。

うおしーらん
え!?大丈夫だったの!?
ズッキー
うん笑

キッチンから火が出て、カウンター2席分くらい燃えたかな。

その時はお客さんと一緒に協力して火を消したよ。

うおしーらん
大惨事にならなくてよかったなぁ…
ズッキー
その次に起きたトラブルが、お葬式騒ぎ

ある日、葬儀業界で働いてる女の子が店に遊びに来て、当時店長をしていたコロちゃんに「生前葬って知ってる?」っていう話をしたのね。

うおしーらん
生前葬…??
ズッキー
生きている間に自分のお葬式を開いて、「生きるとは何か」「後悔しない人生とは何か」を認識する、臨死体験のことなんだ。

その女の子は生前葬を手配することができるらしく、コロちゃんの生前葬を旅BARで開催することになったのね。

本当にお坊さんを呼んでお経をあげてもらったし、本物の棺桶も用意したよ。

割と真剣な雰囲気で式をやったよ。本当のお葬式みたいに泣く子とかもいたりしたし、みんなで「生きるとは何か」を考える機会になって、良い経験になった。

うおしーらん
…それで、そのあとどうなったの?
ズッキー
そのあと店を片付けて、葬式に使った道具はあとで業者が取りに来てくれるっていう約束だったから、店の前に置いておいたんだ。

道具の量が結構多くて、店が入っているビルの廊下いっぱい埋まっちゃって、棺桶を隣のテナントの前に置かざるを得なかったのね。

そうしたら、隣のテナントの人から「死ねっていう意味か!!」ってめちゃくちゃ怒られた。

それが元で、ビルを管理してる不動産会社にも葬式をしたことがバレたんだけど、そこで衝撃の事実を知るのね。

どんな事情であれ、建物内で葬式をあげるだけで、その建物が訳あり物件になってしまうということ。

訳あり物件になるってことは、その建物の家賃も下げなければならなくなる。

俺たちが店で葬式をあげたことで、不動産会社にとんでもない損害を与えてしまったのね。

だから、旅BARは不動産会社に慰謝料を払い、錦の物件から追い出されちゃったんだ

うおしーらん
去年の夏くらいまでは錦にお店があったのに、女子大通にお店が移転したのにはそういう事情があったのね笑
ズッキー
そう笑

表向きには、「錦よりも治安が良くて家賃が安いから移転しました」って当時は言ってたけど、本当はただ単に追い出されただけだったんだ笑

▼移転後の、女子大通名北ライオンビルの店舗。うおしーらんもこの頃から定期的に遊びに行くように。

クラウドファンディングで、旅BAR2店舗目「旅BAR 夢port」を開店

うおしーらん
けど、移転してすぐに、クラウドファンディングで資金を集めて、今の女子大通スパークビルに「旅BAR 夢port」をオープンさせたよね。

2店舗目を出そうと思ったのはどうして?

ズッキー
もともと、旅BARの後継者を探してたんだよね。

そうしたら、ふうがくんっていう男の子が名乗り出た。

けど色々話して行くうちに、ふうがくんにお店を引き継いだ後、これまでの旅BARとはガラッと違うお店になりそうだったのね。

それなら、これまでのバー経営の経験を生かして2店舗目を出そうと思ったんだ。

最初は俺とコロちゃんの2人で経営していこうと思ってたんだけど、経営に関わる人数を3人にしたかった。

だから、しょーごを入れたんだよ

ズッキー
チームって、2人だったら喧嘩して分裂したら組織は終わっちゃうじゃん。

3人だったら、残った1人が繋ぎ止めてくれるもんね。

なんでしょーごを選んだかというと、あんなキャラは他にいないから笑

いつも変なこと言って笑わせようとしてきて、ウケてない人もいたりするけど、面白いと思ってくれるファンは一定数かならずいる

旅BARのコンセプト的に、あれくらい尖ってる人がいた方がいいなって思ったんだよ。

うおしーらん
確かに、旅BARチームの3人って、ぶっ飛んだことをやり始めるコロちゃん、癒し面白いキャラのしょーごくん、しっかり者で親切なズッキーの3人のバランスが絶妙だよなぁ笑
ズッキー
でしょ笑
うおしーらん
それで、結局クラウドファンディングが成功して、2店舗目の開店の資金を集めることができたよね。

成功した要因はなんだったと思う?

ズッキー
まず、人脈を駆使して、クラウドファンディングの知識がある人を探したのね。

そしたら、キングコング西野さんやホームレス小谷さんのクラファン のサポートをしたことがある、そらちゃんという人と繋がることができて、その人にいろいろ教えてもらったんだ。

うおしーらん
どんなアドバイスをもらったの?
ズッキー
事前にチームを組んでおくことが重要だって言われた。

俺らの場合は、プロジェクト公開前からLINEグループを作っておいて、「なぜこのプロジェクトを行うのか」という思いをメンバーに伝えたんだ。

プロジェクトを成功させるには、初日で目標金額の20%が集まらないと厳しいらしいのね。

俺たちの目標金額は110万円だったから、初日の目標が20%の22万円。

仮に、1人5000円支援してくれたとしたら、44人必要。

LINEグループにいる人の2人に1人くらいが初日に支援してくれるだろうと仮定して、LINEグループを100人にしたんだ。

それも、闇雲に100人集めたわけじゃなくて、これまで来てくれたお客さんの中から、関わりが深い人ベスト100人にグループに入ってもらった。

グループに誘う時も、コロちゃんとしょーごと俺の3人のうち、誰が一番関わりが深いかを洗い出して、一人一人にお誘いの連絡を取ったよ。

うおしーらん
私もそのLINEグループに入れてもらったよね!そういう経緯があったのか。丁寧で嬉しいなぁ。
ズッキー
ありがとう!

そして、グループが100人集まった時点で、「11月11日に支援受付を開始するので、初日に支援をお願いします」って呼びかけたんだ。

そうしたら、初日で30万円ちょっと集まって、見事初日の20%のハードルをクリアしたよ。

目標金額の110万円は、残り2週間の時点で達成して、最終的には158万円集まって、みんなのおかげでプロジェクトは成功したんだ。

旅BAR 夢portの開店には結局116万円使ったから、残りの42万円は旅BAR 福岡店のオープンの資金に回すことにしたよ。

うおしーらん
福岡にも店舗増やすんだ!!これは楽しみだね!!

今後の展望

うおしーらん
ズッキーの今後の展望を教えて欲しい!

 

ズッキー
誰かの夢をずっと応援し続けていきたいな。

旅BAR 夢portっていう名前も、空港を表す「エアポート」から取って名付けたんだよ。

みんなの夢を応援したいとは言っても、コアメンバーの3人だけじゃ限界。

だから、お客さんの中でも旅BARと関わりの深い人にこちらがどんどん支援して、一緒に旅BARっていうコミュニティを盛り上げていきたいんだ。

例えば、キャラクタークリエイターのりょーくんとすうちゃんはもうすっかり常連。

いつも本当にお世話になってるから、2人が個展を開くためのBGMを旅BARがスポンサーになって、うおちゃんに依頼させてもらったんだよ。

関連記事:楽曲エピソード:万有引力のほにゃらら feat. とてらぽって

うおしーらん
私がクラウドファンディングを始めた時も、支援者が集まるようにイベントを企画してくれたり、ビデオの撮影当日もたくさん手伝ってくれたりしたよね。あれは本当に嬉しかった。
ズッキー
うおちゃんはただお客さんとして来てくれるだけじゃなくて、知り合いを旅BARに紹介してくれてるよね。

特に、ファイナンシャルプランナーのすなっちを紹介してくれたおかげで、毎月旅BARでお金の勉強会を開くことができるようになったし、本当に感謝してるよ。

あと、うおちゃんの人柄も好きだから、人としてこれからも応援していきたい!

▼すなっちこと、ファイナンシャルプランナーの砂田光弘くん。旅BARで毎月開催している経済セミナーはわかりやすいと大好評!

うおしーらん
そう言ってもらえて本当に嬉しいなぁ。
ズッキー
それでね、実は、ゆくゆくはこの旅BAR 夢portも後継者を見つけて、コアメンバー3人はそれぞれ別のことをして行こうと思ってるんだよ。
うおしーらん
え!?そうなんだ!

ズッキーは何をして行こうと思ってるの?

ズッキー
空き家プロデューサーになろうと思う!

実は一宮の実家が50坪あって、スペースが余ってるんだよね。

そこを、シェアハウスやゲストハウスにして、人とモノを繋げる活動をしていきたいな。

うおしーらん
どこまで行っても、ズッキーは人を繋げることをしていきたいんだね。素敵だなあ。
ズッキー
ありがとう。

今はこうやって旅BARを経営してるけど、来るお客さんの中には、ただ異性との出会いだけを求めて来る人だったり、ちょうだいってばっかり言ってきて助け合いの関係になれない人もたまにいたりするんだけど、それでも、これからもお互いを高め合っていけるような素晴らしい仲間と出会えるように、今日もこうして営業してる。

うおちゃんにはこれまでたくさんのことを旅BARに与えてもらったよ。だから本当に感謝してるし、これからも応援するよ!!

うおしーらん
ありがとう!!

私も、旅BARと出会ったおかげで今の自分の活動がこれだけ加速できてるから、私もズッキーに感謝してる。

私は東京に行ってしまうけど、これからもずっとよろしくね!!

旅BAR 夢portに、行こうぜみんな。

いかがでしたか?

平日も土日も関係なく、毎日たくさんのお客さんで賑わっている旅BAR 夢port。

こんなにみんなに愛されるBARになるまでに、ズッキーをはじめとするコアメンバーの惜しみない努力と、お客さんを大切に思う気持ちがあったのですね。

そんな旅BARに、あなたも遊びに行ってみてはいかがでしょう!

旅BAR 夢port

愛知県名古屋市中区栄4丁目13−18 栄スパークビル 7階

栄駅13番出口から歩いて3分。

TEL: 08063524628

日・月・火・水・木 :18:00 ~ 24:00
金・土・祝前: 18: 00 ~ 26 : 00 (年中無休)

公式Webサイトはこちら

1人で行っても絶対友達ができるから大丈夫!

うおしーらんも、名古屋へ帰るときは必ず寄ります。

最後まで読んでくれてありがとう!!

▼旅BARのテーマソングが生まれた時のエピソード。岡崎体育を超える名曲はこうして生まれた。

関連記事:楽曲エピソード:名古屋の旅BAR 


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら