ソニーのICレコーダー「ICD-UX543F」レビュー〜楽曲制作と歌の上達の最高の相棒〜

スポンサードリンク




こんにちは!

タイアップ専門シンガーソングライターのうおしーらんです。

 

今日は、うおしーらんが楽曲の制作や歌の練習に欠かせない、おすすめのICレコーダーのご紹介をします!

 

ボイスレコーダーってこういう時に使う!

そもそも、ICレコーダーって持たない人からしたらあまり馴染みのないモノかもしれませんが、一つ持ってるとめちゃくちゃ便利なんですよ!

  • 外出中にメロディが思いついた時にサッと録音できる
  • 楽曲を制作するときに常に録音しながら制作すると、思いついたメロディを逃さない
  • PCへファイルの転送が一瞬でできるので、スマホのボイスレコーダー機能で記録を残すよりファイル管理が簡単
  • 何度も聞きたい部分にブックマークをつければ特定の部分だけ繰り返し聴ける
  • 再生速度を変えられるので、聞き取りづらい部分もゆっくり聴ける

ただ録音するだけでなく、「聞きづらいところをピックアップして聴ける」という機能もあるので、英会話や洋楽の練習にもぴったりです。

 

うおしーらんの愛機:SONY ICD-UX543F

見た目

私が使っているソニーのICレコーダーはこんな手のひらサイズ!

こんなに薄いんです。

 

USB端子

横の「USB」のツマミをスライドさせると…

USB端子がしゃきんっと出てきます。

こんな風にPCにさせば充電ができるだけでなく…

PC上でフォルダが開いて、録音した音声データ(MP3形式)をPCにコピーさせたり、ファイル名を変更したりできます!

PC接続用のコードなしで簡単にPCに刺せるのが本当に便利!!

(うおしーらんが前に持ってたICレコーダーはコードが必要なやつで、コードを無くして使用不可能になった)

 

ちなみに、逆にPC上にある音声ファイルをICレコーダーにドラック&ドロップで入れることもできるので、音楽プレイヤーがわりにすることもできますよ!

 

トラックマーク機能

本体の下の方の真ん中にある「トラックマーク」ボタンを押すと、その部分に目印をつけて、あとから再生するときにそこから再生できるようにできます。

こんな風に、画面に旗のマークが出てきますよね。

1回の録音で、98個まで旗を立てることができます。

 

DPC(速度調節)機能

うおしーらんが特におすすめしたいのがこの機能!

再生速度を、×0.50〜×2.00 の範囲で、0.05刻みで変更することができます。

この機能、何に使えるかっていうと、ボーカリスト目線ならば洋楽の練習

PCから練習したいと思っている洋楽の曲をこのICレコーダーに入れて、速度調節でゆっくりにして聴くんだよね。

洋楽って、早口でなんて発音してるかわからなくて練習しづらいと思うんですけど、この機能があると精密に歌詞を聞き取ることができるので、より早く上達できます!!

 

音質

ノイズも乗らず、クリアな音質です。

会話を録音したり、練習を記録したり、デモ音源として録音する分には全く問題ありません。

バンド練習でスタジオに置いてもそこそこ良い音質で録れます。

さすがに、これで生演奏を録音して販売用のCDにしよう!ってなると、ちょっと音質に物足りなさは感じますが、「記録用」としては十分なスペックです。

記録容量

内臓メモリーは4Gで、標準録音ならば最大44時間も録音できるので十分です。

それでも容量に不安がある場合は、microSDカードやmicroSDHCカードを刺して使えば、実質もっとたくさん録音することができます。

 

FMラジオが聴ける

ラジオっ子のうおしーらんはこの機能は嬉しいですね。

スマホの充電が切れてRadikoで聴けなくなっても、これさえあればラジオまで聴けちゃう♪

 

価格

販売店にもよりますが、新品でだいたい19,000円台といったところ。

ICレコーダーもピンキリで、5,000円台で買えてしまうものもあれば、何万円もするものまで色々です。

私が以前使っていたボイスレコーダーは7,000円くらいで買ったのですが、値段は嘘をつかないもので、ノイズが乗ったり、実際の自分の声質とは違った声で録音されていたりと、あまり使い勝手はよくありませんでした。

このソニーのICD-UX543Fくらいならば、練習用としては十分力を発揮するし、私の場合クライアントさんに送るデモ音源録音用としても恥ずかしくない音質なので、ちょうどいい塩梅でいい感じです!

 

持っていて損はない!SONYのボイスレコーダー

これ、まじで本当に買ってよかったなぁと思うものの1つです。

楽曲制作を始めてみたいというあなた、音楽活動に精を出したいというあなたに。

自分の演奏や歌を録音して、繰り返し聴きまくると自分の弱点が見えてくるので、早く上達しますしね。

もちろん、会議やセミナーの録音用や外国語の練習にも。

 

色は全部で5色!

アマゾン、楽天などからお好きな色を選んで、相棒にしてみてはいかがでしょう!

 

 

賃貸でもOK!自宅をDIYで防音壁にする方法。歌っても楽器弾いても苦情なし!

2018.06.09

aaa

ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら