タイアップ専門シンガーソングライターの活動内容を図解してもらった。

スポンサードリンク




こんにちは!うおしーらんです。

タイアップ専門シンガーソングライターって、なに?

普通のシンガーソングライターとどう違うの?

いつも口で説明するのが難しくて。

そこで、私の友達でもあり、尊敬する「まるちペインター」のなんばちゃんにご依頼して、私の活動が一目でわかる画像を作ってもらいました!!

イラストも可愛いし、わかりやすい!!
色合いも、うおしーらんオフィシャルサイトのカラーに合わせてくれたのだとか。

本当にありがとう〜〜〜〜!!

こういうポップな画風もあれば、日本画的な画風も。
人間の描き方も自在に使いこなせる、珍しいタイプのイラストレーターさんです。
今思ったけど、「ご依頼主の要望に合わせて作風を変える」って、私となんばちゃんってよく似てるな。

 

ぜひ、Webサイト用イラストやアイコンなど、イラストのご用命はなんばちゃんへ!

現在、TwitterのDMからお仕事を承っているそうですよ。

なんばちゃんのTwitterはこちら!

 

 

そして、このことを自分のFacebookに投稿したら、さらに嬉しいことが。

お友達のよらさんが、私の活動内容を第3者視点からわかりやすく解説してくれたんです!

【楽曲はもうアーティストだけのものじゃない】

曲を作るって大変な作業ですよね。

伝えたいストーリーから歌詞をおこし、ストーリーを音階に乗せる。
才能が試される分野です。

これまでプロの有名アーティストが生み出した曲はアーティストがライブで歌ったり、ドラマやCMなどに起用されてきました。それが当たり前。

でも、才能も技術もない僕みたいな一般人が自分の曲を持てるとしたら、すごい可能性が広がると思いませんか?

例えば新商品のプロモーションに従来の画像と文章だけの広告ではなく「音楽を活用したプロモーション」にする。
それだけでも新たな可能性が生まれます。

だいたい超有名アーティストの曲である必要性は全く無いんですよね。
商品と全く関係ない恋愛の曲を起用するより、商品や会社の想いを理解して作られた曲の方が当然マッチします。
必要なのは依頼者とアーティストとのコミュニケーションです。

またこれからは個人が力を持つ時代。
自分のブランディングをするのに自分の曲を持つのも非常に有効だと思います。

個人が曲を持つなんてって思ってる人も実はもう3割ぐらいはできてる気がします。
なぜなら人間それぞれに人生、ストーリーがあるから。

似ている状況はあっても全く同じなんてことはありません。
既にオリジナルです。
曲はストーリーあってのもの。自分のストーリーを曲にするんです。
なんか出来そうな気がしませんか?

そんな企業や個人から依頼を受けて曲を作るタイアップ専門シンガーソングライターが名古屋に居ます。
うおしーらん( 魚住 聡美 )という小柄な女の子です。
今は東京だけど近々名古屋に戻ってきます。

僕の友達も個人で曲を依頼したり、車のコーティング剤を新発売する際のプロモーション用に依頼していました。
ダンススクールとタイアップした時のMVにエキストラで出演したこともあります(笑)

言葉では説明しづらい彼女の活動を最近 難波 雪 さんがイラスト化してくれたのが凄く分かりやすいので、シェア元の画像も見てみて下さい。

楽曲作成ちょっと良いかなと思った方は僕が繋ぎますので、お気軽にご連絡くださいねー。

【タイアップ専門シンガーソングライター うおしーらん】
◾きずな
https://youtu.be/l0JEx7OL6XI

 

嬉しい…!!

 

私、もちろん、自分のやっていることに誇りを持っているんですけど、『楽曲を作ってもらう』っていうサービスって日常の必需品ではないし、ご依頼の件数もまだまだ数はこなしていないので、本当にこの先、これで生活できるくらいやっていけるのだろうか?という不安もありました。

 

けれど、私のことをいつも応援してくださっている方からこんな風に紹介してもらえて、『サービスを受ける側の声』が聞けて、あぁ、私のやっていることは価値があるんだな、と、改めて気付かされました。

 

この投稿にどれだけ励まされたことか。
本当にありがとうございます!!!

 

 

こうやって皆さんの応援の元、うおしーらんは次のステージへ進むべく、polcaで映像作品を作るためのカメラを買う資金を集めております。

 

これまで、Twitterやブログなど、文字中心のメディアで自分の活動のことを発信してきました。

 

けれど、それだと肝心の『音楽』や、自分の魅力である『声の良さ』を載せることができない。

 

だから、映像での発信を始めるため、今回カメラを買うための資金を集めることにしました。

 

自分のお金で買っても良いのですが、ポルカを始めたのには2つの理由があります。

 

1つは、失敗するかもしれないというリスクを負ってまで挑戦する姿をお見せしたかったこと。

 

2つめは、みなさんからいただいた資金でカメラを買うことで、覚悟を決めて映像発信を始めたいと思ったからです。

 

なんばちゃんが書いてくれた図解にもありますが、私自身が成長して実際を積むことは、ご依頼主のためでもあるんです。

 

もし、共感いただけたなら、ご支援いただけるととっても嬉しいです…!!


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら