うおプロは自分たちの「セックス」を売ろうと思う。

スポンサードリンク




うおしーらんです!

 

クリスマスですね。

みなさんはどんなクリスマスをお過ごしでしょうか?

 

 

キリスト教の本場である海外では、慎ましやかに家族と過ごすそうですが、日本では「恋人とロマンチックに過ごす」っていうのが世間一般の理想の過ごし方とされていますね。

(日本人に9月生まれの人が多いのは、両親がクリスマスに愛し合う場合が多いという一説もあるようです)

 

もちろん、どんな過ごし方をしていたって人それぞれだし、間違いなどありません。

 

 

ですが、「性なる夜」とも言われる今夜は、「セックス」について話して行こうと思います。

 

 

 

今の旦那さんとの絆を作っているものは「セックス」

旦那さんであるプロテイン魚住くんと、どうやって仲の良さを保っているかというと、

普段からの思いやりや、感謝の言葉をちゃんと口にする、尊敬する、などいろいろありますが…

「セックス」

が大きな比率を占めていることは間違いありません。

 

 

「うおちゃんはプロちゃんのどんなところが結婚の決め手になったの?」

って聞かれると、「いい匂いだったから」なんて答えていましたが、

 

 

本音はズバリ

セックスが気持ちよかったから

これですね。

 

 

気持ちが良い、というのは身体的にも、精神的にも両方です。

 

 

 

私は、当時ただの男友達だったプロテイン魚住くんに告白されたとき、ちっとも恋愛感情を抱いていませんでした。

 

人としては好きだし、特に断る理由もなかったし、付き合ってみないとわからないこともたくさんあるだろうと思ってオッケーしただけでした。

 

 

付き合い始めてから、はじめて2人きりでご飯を食べに行きました。

それでも全く恋愛感情が湧かず、どうしよう、気まずい…とさえ思っていました。

 

 

その日の夜、私の部屋に泊まりに来た彼は、私を優しく抱きました。

 

 

 

「さとみ、好きだよ」

 

 

 

 

繋がっている最中に彼から漏れたその言葉に、演技はひとつもありませんでした。

 

 

この言葉を聞いて、心がぎゅっと満たされて、彼がこの上なく愛おしく感じられて、強く抱きしめ返しました。

そして、嬉しくていつの間にか涙があふれていました。

 

 

 

これまで何人かの人と付き合って、セックスもしてきたけど、どの人もどこか問題アリ(あくまでも、私にとって)な人たちでした。

 

淡々と、感情なく工程を進める人

私の気持ちを聞かずに自分のしたいようにしかしない人

愛の行為というよりは、征服行為のような人

ゴムなしでやらせろと平気で言う人(これは男として最低)

 

 

 

旦那さんであるプロちゃんとのセックスは、このどれとも全く違う。

身体的にも精神的にも、ここまで気持ちがいいセックスは初めてでした。

 

 

私のお父さんとお母さんはセックスのことをちゃんと教えてくれなかった

 

今のところ、日本の義務教育ではセックスのことをきちんと教えてくれません。

(先進国の中では、日本は性教育の遅れが深刻で、それが原因で望まない妊娠や、セックスコミュニケーションがうまく取れないカップルや夫婦など、様々な弊害が起きているという現実があります)

 

私がセックスのことを知ったのは、小学6年生の時に友達が持っていた「少女コミック」でした。

(引用:https://books.rakuten.co.jp/rb/14911405/

 

「少コミ」は思春期の女の子向けのコミック雑誌で、ほぼ全てのマンガにセックスに関係する性的表現が出て来ます。

 

 

これを友達と回し読みをして、キャーキャー騒いだり、「いやらしいー!!」なんて言い合って楽しんでいました。

 

(引用:http://blog.livedoor.jp/jr935/tag/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E6%BC%AB%E7%94%BB

 

けれど、よくよく考えてみたら、自分のお父さんとお母さんも、こんないやらしいことしてたってこと…?

だって、私が生まれてきた、ということは、紛れもなく、お父さんとお母さんがセックスしてたってことなんだから。

 

 

小学校と中学校の保健の授業では、

「精子が子宮の中で卵子と出会い、受精して、妊娠する」

と習いました。

 

精子は男性器から放出され、女性器を通じて子宮に入り、というところまでは書いてあったけど、

「男女が愛し合って、セックスする」というところはさらっと書いてあっただけだったし、

じゃぁ、普通に生活していてどんな風にセックスに至るのか、またセックスをどうやってやるのかというところまでは、学校では教えてもらえませんでした。

 

 

そこを教えてくれたのが、私にとっては「少コミ」でした。

 

 

こんな大事なこと、学校で教えてくれないなんておかしくないか?

教えてくれないってことは、やっぱりいやらしいことだから?いけないことだから?

 

少コミで描かれているセックスは、

「学校の中なのに、先輩に無理やり迫られて、ダメ…!!」

みたいな、どこか「タブー」なものとして表現されている描写ばかりでした。

 

 

じゃあ、いけないことをしてた私のお父さんとお母さんって一体なに?

どういうつもりなわけ?

 

 

そして、いつも家に遊びに行って一緒に遊んでいる友達の、あのお父さんとお母さんだって、みんなそういうこと?

 

 

当時、思春期真っ只中の私の頭はパニックでした。

 

 

どうしても気になった私は、家でお母さんに聞いてみました。

 

「ねえ、精子ってどうやって子宮に入って来るの?」

 

 

これを聞いたら、お母さんに怒られました。

 

 

 

なんであの時ちゃんと教えてくれなかったんだ、と、

私の両親を責めるつもりは全くありません。

 

「性のことを包み隠す」という時流もあったでしょうし、

両親もあの時はあの時で精一杯だったと思います。

 

 

 

 

26歳になって、これまでいくつか恋愛経験を重ねた今なら、わかるんですよ。

セックスとは何か。

 

 

けれど、思春期だったあの頃の私は、不安でいっぱいでした。

 

マンガとかネットとか、いろんなところに情報は転がっているけど、「信頼できる人」は、誰も本当のことを教えてくれない。

 

 

 

そして思うんです。

 

私は幸い、プロテイン魚住くんという、素晴らしいパートナーに出会えたから、

セックスとは、お互いの絆を深めるための、大切なコミュニケーションのひとつ

なのだということがわかるようになったけれど、

 

 

世の中の同年代や、もっと年上の人たちの中には、まだ

 

「セックスとはいやらしいもの」

「女性が男性の欲望を満たしてあげるだけのもの」

「おおっぴらに話すのは恥ずかしいもの」

「自分とは程遠いもの」

「女が性欲があるということは、はしたないもの」

 

と感じている人も、いるかもしれないな、と。

 

未来の私たちの子供に向けて

私たちうおプロには、子供ができる予定は今のところありません。

 

今は自分たちの生活を安定させること、仕事を起動に乗らせることが最優先だと思っているので、ピルを飲んで避妊しています。

いざ子供が欲しくなって避妊をやめたとしても、不妊のリスクだってあるから子供が確実にできるとも限りません。

 

 

けれど、もし未来に自分たちの子供ができた時には、セックスのことをきちんと教えてあげたい。

 

 

だから、私たちうおプロは、

未来の自分たちの子供へ向けて、セックスのことを教えてあげるために、手紙を書くことにしました。

 

 

その手紙をコンテンツにして、来年1月に、有料で皆さんにも読んでいただけるような形で公開することにしました。

 

 

セックスを取り上げた有料コンテンツを発表します

コンテンツのタイトルは

ぼくはパパとママがイケナイコトをして生まれてきたの?

 

 

自分たちが未来の子供へ手紙を書くつもりで、

「セックスとは、愛の行為なんだよ」

「2人の絆を深め合うための、大切なコミュニケーションなんだよ」

ということ、

そして、うおプロ夫婦のセックスの在り方・考え方を、割と赤裸々に書こうと思います。

 

それを、私たちうおプロがセックスをしているときの写真を添えて、雑誌のような読み物に仕上げます。

(生々しい表現ではなく、イメージとしては、雑誌「an an」が毎年夏に行うセックス特集のような感じです。)

 

 

写真担当:ほってぃ

この写真を撮影してくれるのは、ヤバイ写真屋さんほってぃです。

□フリーランスカメラマン □名古屋市西区・カフェ Gucha2店長→ @Gucha2_cafe 連絡すればいつでも会えます プロフィール写真、店内撮影します 作品→http://yabaishasin.myportfolio.com 既婚です

引用:Twitter

 

彼のことは、プロちゃんがTwitterを見せてくれて知ったんですけど、写真がエロい。

なんか、不快なエロさじゃなくて、ドキっとする、不思議な魅力があって。

 

交際0日でノリで3週間限定の夫婦生活をスタートさせていて、ぶっ飛んでいるところもすごく好き。

 

実は12月に家にきてもらって、打ち合わせ済み。

私たちうおプロのことはどんな風に撮ってくれるんだろう。楽しみです!!

 

サムネイル画像担当:なんばちゃん

そして、紙媒体の本でいう「表紙」にあたる、有料コンテンツのサムネイル画像を作ってくれるのは、まるちペインターなんばちゃん

もうすぐ30歳│マルチタスク人妻(下ネタ好き)│仕事:イラスト・デザイン・似顔絵・ジャグアタトゥー│0歳〜🇨🇳・8歳〜🇯🇵・国籍🇯🇵│フリーランス│プ女子│2019はまずオーストラリアへ│実現夢:ミスチル30周年一緒に仕事│http://nanba29.theshop.jp │家族Husband🇯🇵+Minnie🐶│

引用:Twitter

 

なんばちゃんは、ここ1年ずっとうおプロのことをよくしてくれている仲間の1人。

これまでもいくつか一緒にお仕事を共にしました。

 

そんな彼女は下ネタが大好きで、よく一緒にご飯を食べながらセックスについて真剣に語り合ったりしていました。笑

 

肩書きのとおりマルチなジャンルのイラストを描く彼女ですが、エロい作品もどうやら得意なよう!


ほってぃが撮影した写真を素材として、サムネイル画像をデザインしてもらいます!

これまた楽しみ!!!

 

「未来の子供への手紙」を有料で公開する理由

 

「子供への手紙なら、夫婦だけで公開せずに勝手にやればいいのでは?」

「夫婦の性生活を切り売りしてお金儲けしようとしてるの?」

など、いろんな批判的な意見も出てくるだろうことは承知の上です。

 

それでも、うおプロのコンテンツのひとつとして公開したかったのには、理由があります。

 

それは、

セックスについてオープンに語れる空気を作り出して、男女がお互いに歩み寄り、セックスを通じて絆を深め合えるパートナーシップを増やしたい

という想いを実現させるためです。

 

未来の子供へ向けての手紙、という形式ではありますが、いま思春期真っ只中の子たちにも、私たちと同年代の人たちにも、上の世代の人たちにも、みんなに読んでもらいたいんです。

 

 

 

ここまで書いてきたように、日本の性教育は、先進国と比べると遅れが深刻。

 

学校が正しいセックスの仕方を教えないがために、ネットや噂話でしか性に関する情報を得ることができず、間違った避妊方法が横行したりして、望まない妊娠、性病など、様々な弊害が起きています。

 

 

経験のない男の子が、正しいセックスの方法を学ぶ方法がなく、AVで見たプレイを実際に女の子にしようとして、うまくいかなかったり。

 

男性向けAVは、あくまでファンタジー。

私も実際に見たことがありますが、あんなのされたら、普通に痛いし、愛も感じられないから好きな人からされたら辛い気持ちになると思います。

 

「男の欲望を一方的に女の身体を使って満たす」というような描写ばかりで、これではセックスに対するイメージもそのまま根付いてしまうでしょう。

 

そんなのがまかり通ってしまえば、女性側からしたら、「セックスは我慢するもの」となってしまい、パートナーと本当に幸せな信頼関係を築くことは難しくなってしまいます。

いくら表では優しい男性でも、ベッドの上で乱暴になる男性のことを、心から信頼することは難しいでしょう。

 

(男性向けAVの存在そのものを否定しているわけではありません。あくまで1人で見て楽しむためのものだと思います。AV以外にきちんとセックスの方法について学べる機会がないことを問題視しています。)

 

 

私は幸い、プロちゃんという素敵なセックスパートナーを見つけることができたけれど、そうじゃない人はたくさんいるはず。

 

現に、私の女友達の中には、「彼氏とのセックスが好きじゃない」という子もいました。

 

 

「セックスが好きじゃないことは良くないことだ」と言いたいわけではありません。

好みは十人十色ですから。

 

 

ただ、もしかしたら、男女がお互いに歩み寄ることができたら、セックスをもっと楽しめるようになるかもしれない。

 

 

セックスって、命のはじまりですよね。

私たちがこの世に存在していることの、原点。

 

だから、みんながセックスについてオープンに語れるようになり、お互いに歩み寄り、パートナーと幸せなセックスができるようになることは、人生の質そのものが良くなっていくことに直結すると、私たちは考えています。

 

 

 

有料にした理由は、写真が特にセンシティブな内容になるので、「お金を払ってでも見てみたい」と思った人にだけ届くようにと、ハードルを設けたかったからです。

 

ただ、本文だけは、うおしーらんとプロテイン魚住のそれぞれのブログで、小出しで無料公開するつもりです。

 

写真付きで、完成された状態で見ることができるのは、有料で買っていただいた方のみです。

 

「だったら、写真なしで普通に無料公開すればいいだろ!写真つきで有料にするなんて性の切り売りだ!」

ってアンチが噛み付いて来そうですが…笑

 

いいじゃないですか。

単純に、ほってぃの撮影する写真が魅力的すぎて、私たちうおプロも撮ってもらったらどんな風になるんだろう…という、「遊び」です。

私たちは「日本一遊ぶフリーランス夫婦」ですからね!!

(遊びとはいえど、ちゃんとほってぃやなんばちゃんにはギャラはお支払いします)

 

「遊び」と称して、どんなことにも楽しくチャレンジして、

「やりたいことはなんだってやってやる」と、新しい夫婦の在り方を発信したいという、私たちの全ての活動のコンセプトにのっとって、今回の企画も在ります。

 

 

人生なんでも、興味の沸いたことは経験してみたもん勝ちだと思ってるので、

なんて言われたって構いません。

犯罪とかじゃない限り、好きなことするのに私たちは他人の目とか一切関係無いので。

 

 

 

 

買ってくれる動機は、どんなんでも構いません。

 

「真剣にセックスに関する信念に共感したから」でも、「うおプロを応援しているから」でも、「エロ本を買うくらいの興味本位で」でも、なんだっていいです。

 

きっかけがどうであれ、私たちが伝えたい想いが伝わればいいなと願うばかりです。

 

 

もちろん、肌の露出や「下ネタ」を不快に思う人が一定数いることも理解しています。

別にそれは否定しません。

だから、見たい人だけ見てくれればいいと思い、写真付きの完全版は有料にします。

 

 

 

販売の媒体は、「note」で考えております!

引用:https://note.mu/guide

 

発売日は、

1月23日(水)!

お楽しみにー!!!

 

セックスについてうおプロと語ろう!「Talk about SEX」開催!

 

この有料コンテンツの発売を記念して、トークイベントを開催することにしました!

この有料コンテンツの発売を記念して、1月19日(土)15:00 に旅BARの昼間の営業帯の「旅カフェ夢port」にて、トークイベントを開催することにしました!

 

イベント前半は、うおプロによるトークショー。

このトークの内容はあとで文字で書き起こし、有料コンテンツの付録にしようと思っています。

2人のセックス事情や本音を、オープンに語っていきます。

 

イベント後半は、参加者みんなで座談会。

悩みや本音を聞き合ったり、アドバイスしあったりと、男女や年齢関係なく、実りのある場にしたいなと考えています!

もちろん、話したくなければ聞き役でもオッケーです!

 

イベント概要

Talk about SEX
〜SEXパートナーシップを語ろう〜

日時:2019年1月19日(土)15:00~17:00

場所:旅カフェ夢port(愛知県名古屋市中区栄4丁目13−18 栄スパークビル7f )

内容:15:00〜うおプロ対談 16:00〜参加者みんなで座談会(自分のことを話したくなければ、聞き役でもOKです!)

参加費:2300円+ワンオーダー
※うおプロLINE@から参加申込してくれた方は300円引き!
こちらから友達追加して「1/19参加希望」とメッセージを送ってください➡︎https://line.me/R/ti/p/%40ddy9309h

定員:15名

 

概要にも書きましたが、うおプロのLINE@から参加申込をしてくれた方は参加費が300円引きに!

ぜひご登録の上、

「1/19 参加希望」

とメッセージを送ってください!

 

 

ちなみに、われわれうおプロは1月27日(日)には大阪でイベントに出演させていただきます。

ストーリークリエイターHARUさんにお呼びいただきました!!

イベント概要
[日本一遊ぶフリーランス夫婦!“うおプロ”が大阪にやってくる!] この日、名古屋から“うおプロ”の二人が大阪に❗❗
プレゼンターは、ストーリークリエイターのHARUさんです!

✨名古屋にて✨
⚫現在ミュージシャン兼タレントとして活躍中の“うおしーらん”さん
⚫ライフスタイルモデルとして活躍中の“プロテイン魚住”さん

を、HARUさんお手製のあつあつお鍋でお迎えしましょう🎵
うおしーらんさんの美声も聴くことが出来るチャンスです😃
名古屋と大阪を繋ぐイベントにしたいので、是非ご参加下さい( ・`д・´)

参加費:3000円(鍋、1ドリンク付)
※以降のドリンクはキャッシュオン
※差し入れ大歓迎

Fcebookイベントページの「参加する」ボタンを押してお申し込みをお願いします!

 

有料コンテンツの発売日は1月23日。

この大阪のイベントは1月27日。

 

つまり、大阪のイベント当日は、有料コンテンツ「ぼくはパパとママがイケナイコトをして生まれてきたの?」の中身に触れながら、お鍋を囲みながらゆるーく語り合えたらいいななんて思っています!!

 

 

 

…と、こんな感じで、年明けから面白い企画をバンバン打ち出していきます。

 

うおしーらん・プロテイン魚住のそれぞれのブログやSNSで、完成までの途中経過もどんどん発信して行くつもりなので、チェックしてね!

 

 

以上、うおプロからのクリスマスプレゼントでした!!笑

よろしくお願いしまーーす!!!


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 「音楽作って、遊んで暮らすよ」をテーマに活動中。 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 うおしーらんオフィシャルサイトはこちら