【ヒプノセラピー体験談】私の前世はみすぼらしい◯◯だった。今世での使命とは…

スポンサードリンク




うおしーらんです!

家で「ヒプノセラピー」を受けてきました。

ヒプノセラピーとは

The Unconscious Mind
ヒプノセラピーとは主に、催眠と暗示、そして、イメージを用いて、人の潜在意識にダイレクトにコミニケーションを取ることで、心に肯定的な変化を促すことができるセラピーテクニックのことを言います。

このセラピー手法は、特に、1986年になってインド系アメリカ人医師、ディーパック・チョップラ博士によって、神経伝達物質と心と身体の関係性が明らかにされ科学的にも証明されるものとなり、その可能性に今、大きな注目が集まっています。

このように大きな注目を集めているヒプノセラピーですが、実は近年になって新しく発見された目新しいテクノロジーではなく、実は人類の歴史と共に歩んできた最古のセラピーです。

古代エジプトの眠りの寺院に始まり、、中世フランスのメスメル、20世紀のミルトン・エリクソン、そして、前世療法のブライアン・ワイスやタイムライン・セラピーのタッド・ジェームスに至るまで。長い歴史を歩んできたセラピー手法であり、いつの時代においても人のこころに深い肯定的な変化を与えてきたパワフルなツールです。

引用:http://www.clearhypnosis.jp/hypnoclh.html

 

つまり、催眠状態で自分の奥底に眠る前世や中間世(今世に来る直前の「お空の上の魂」の状態)の記憶にアクセスし、いま現在抱えている問題の解決を手伝うというもの。

人間は何度も地球に生まれて、死んで、また生まれてと繰り返しているので、前世の出来事やトラウマなどがずっと記憶として刻まれ、今世の問題や使命に影響しているのです。

セラピストは、いつも仲良くさせてもらっているみかんくんです。

お師匠さんの元でヒプノセラピーを学び、いまは修行中。

けれど私の周りの友達も何人か見てもらっていて、口コミでも「あれはすごいよ」と評判もよかったので、私もとても楽しみにしていました。

さて、ここからは、私が実際に療法中にみかんくんからどんな言葉をかけられ、何を見たのか。
そして、前世が何だったのかを詳しく書いて行きます。

長文ですが、興味のある方はおつきあいください。

 

リアルに書き起こします。うおしーらんの前世への旅

前世への入り口

 

ラクな服装になって、ベッドに仰向けに寝て、頭だけ出して布団をかぶります。

リラックスするため、普段寝るときと同じように部屋を暗くします。

枕元には、セラピストのみかんくんがいて、穏やかな口調で声をかけてくれるので、その指示に従います。

 

「目を閉じて、呼吸に意識を向けてください。ゆっくり、吸って、吐いて…」

「あなたはいま、草原にいます。穏やかな風が吹いていて…」

 

そのときの私は、草原がうまくイメージできませんでした。

代わりにまぶたの裏に現れるのは、悪魔のような恐ろしい顔がいくつも浮かんでは消えて、黒いモヤモヤしたものがかかっていました。

 

「空の綿菓子のような雲が、あなたを包んで、前世へ連れて行ってくれます」

 

いやいやいや雲イメージできないから!なんか怖い黒いものが体にまとってるんだけど!!

 

パチン!
(みかんくんが指を鳴らす)

 

「前世に来ました。何が見えますか?」

 

何も見えません…

 

「男ですか、女ですか?何歳くらいですか?」

 

わかりません…
みかんくんに色々質問されるけれど、全然イメージが湧かないのです。

まるで、前世を思い出すことを拒否しているかのような感じで。

 

「いいですよ。それでは、もう一度、気持ちのいいあの草原へ戻りましょう。

あなたは草原でリラックスしています。

すると、あなたの足元に、下り階段があります。

それを10段降りると、前世へつながる扉があります」

 

今度は、ちゃんと草原も階段も扉もイメージできました。

 

「階段を一段降るたびに、あなたは潜在意識へ近づいていきます。

扉の向こうは、あなたの今世に大きな影響を与えた、前世の世界です。

さあ、扉を開けてみましょう。」

 

私の脳内には、水色の扉が見えました。
それをゆっくり開けます。

 

思い出せるのは、悲しみと絶望だけ

 

「何が見えますか?」

 

またしても、何も見えません…
ただ、暗くてもやもやしているのだけは感じられる。

 

「あなたは男ですか?女ですか?何歳くらいですか?」

 

たぶん女…そして、30歳くらい…

そしてなぜだろう、涙が溢れて来る。

理由はわからないけど、悲しくて悲しくて、絶望的な気持ちになって、目を閉じたまま声を出して泣きました。

 

「いいですよ。また、この場面には後で戻って来ましょう。

それでは、次に、あなたが前世で死ぬときの場面へ行きます。」

 

パチン!

 

死ぬ間際の記憶

現実世界では仰向けに寝ているはずなのに、なぜか首や脚に圧迫感を感じる…

 

あ、そうか、
多分、どこか狭い場所に閉じ込められている。
それで、体を曲げているんだ。

きっと、何か悪いことをして、閉じ込められているんだろう。

 

何となくだけど、おばあさんではない。まだ若い。

どんどん感覚がリアルになっていく。

 

自分自身について感じること。

それは、醜い、汚い、みすぼらしい。
そんな否定的なイメージばかり。

 

 

「あなたは今まさに、前世で死に、魂が体から離れて行きます」

私の魂が体から離れて、どんどん上へ上がっていく。

まるで、上がっていく気球から離れていく地上を見ているかのような感覚。

 

そのときに見たものは、木でできた箱と、たくさん荷物が積まれた船、そして海。

私は、その箱の中に閉じ込められ、おそらくその後、箱ごと海に捨てられたのだと思う。

 

その景色はどんどん遠ざかり、雲の上の、気持ちのいい場所まで来た。

 

「そしてあなたの魂は、今世、生まれてくる直前の状態、中間世(お空の上の魂の状態)へと来ました。

その中間世に来た魂から、今のあなたに何かメッセージはありますか」

 

光の玉のような、その魂からぼんやり感じること…

それは、「ちゃんと、しっかり生きて」というメッセージ。

けれど、具体的に何が「ちゃんと、しっかり」なのか、まだイメージが湧かない。

 

そして、なぜだか、「今いる旦那さんを大事にしなさい」

というメッセージがふと、降りてきた。

 

「それでは、ここからは前世の中でも、あなたに大きな影響を与えた場面に戻りましょう」

パチン!

 

前世での絶望の正体

「何が見えますか?」

 

目を閉じたまま五感を研ぎ澄ませて、感じ取ります。

ん…男の人がいる…

 

「何をしていますか?」

 

すごく言いづらいけど…

前世の私は、男と体を重ねている。

 

暗い部屋で…

その人のことは、愛してはいない。

 

「その後、どうなりましたか?」

 

お腹が疼く…
赤ちゃんを身ごもっている。

 

「その時、どのような気持ちでしたか?」

 

絶望的。

この先どうなってしまうんだろうという、不安。

 

ああ、何となくわかってきたぞ。

私は前世、みすぼらしい売春婦だった。
そして、子どもを身ごもり、身柄を拘束され、木箱に閉じ込められて海に捨てられて死んだ。

 

だから最初、恐ろしい前世の記憶へアクセスすることを脳が拒否していたのかもしれない。

 

そして、今世、私が自分でずっと気になっていたことの理由がわかった。

 

前世のトラウマが、今世にもたらしたもの

私は人一倍、避妊に関して神経質なのだ。

生々しい話になってしまうけれど、結婚を考えていない人との避妊具なしのセックスは絶対にありえないと思っていたし、ゴムが途中で外れたというだけでパニックになり、お金がないにも関わらず次の日婦人科で、高額な緊急避妊ピルを処方してもらうほどの徹底ぶりでした。

 

そして、今も、結婚しているのにも関わらずピルで避妊をしています。

まだ、子どもを授かる自信も覚悟もないから。

 

前世のことが影響して、自分自身が子どもを身ごもることに対して、極度の否定的なイメージを持っていたのかもしれない。
「では、前世でのそのトラウマを、ポジティブな記憶に書き換えます。

あなたはその出来事があったから、よかった。大きなエネルギーがみなぎってきて…」

 

みかんくんが読み上げる、長い長いポジティブな催眠の言葉を聞いていくうちに、体が熱くなり、ふわーっと気持ちよくなってきて…

 

私は腕に赤ちゃんを抱き、隣には愛する人がいて、家族や友達がその周りに集まって嬉しそうにしている。

私は、この上ないほどの笑顔だった。

今度は、嬉しくて涙が溢れてきました。

 

もしかしたら、もう、子どもを授かってもいいのかもしれない。

そうしたら、もっと幸せが大きくなっていくかもしれない、

そんなことを考えていました。

 

今世に生まれる直前の自分の魂からのメッセージ

「それでは、中間世へ戻りましょう。

あなたの中間世の魂から、今のあなたへのアドバイスを受け取りましょう」

 

私は、光の玉のような姿の自分の魂に、尋ねてみました。

受け取ったメッセージは、こんな感じでした。

 

・世界中へ、愛することの素晴らしさを発信しなさい
・セックスは愛の行為であるということを知りなさい
・そういった発信をしていくのにあたり、見た目のことを考えて太らないように体を鍛えなさい

(あ、だからマッチョなパーソナルトレーナーの旦那さんと結婚したのかもしれない!)

 

ここまでで、おしまい。
だいたい1時間半くらいの長旅でした。

みかんくんの合図で、現実へ戻り、起き上がります。

 

たくさん泣いたせいでで目がアホみたいに腫れてたけど、すごくスッキリして清々しい気分でした。

 

 

今世で、プロテイン魚住くんと出会った意味

なんだか、今まさにやろうとしてることと密接に結びついた記憶の旅でした。

 

そう考えると、プロちゃんと出会ってすぐに意気投合して交際し、すぐに「結婚しよう」となった流れも、前世から考えると必然だったのかもしれない。

 

あれだけ恋愛が苦手だった私が、出会ってすぐの人となんの迷いもなく結婚を決められたのは、自分でも不思議で仕方なかったから。

心配性なお互いの両親も、不思議と「交際期間が短いのにすぐ結婚なんていいの!?」なんて一言も心配されなかったし。

プロちゃんとの交際・結婚は、あまりにもスムーズにいきすぎでした。

 

 

そして、付き合ってまだ1ヶ月しか経ってないとき、「付き合ってることをSNSで全世界に公開して、2人で発信活動をしていこう」という思いつきも、必然だったんだ。

 

だって、私は、今世、「愛することの素晴らしさを発信する」ために生まれて来たんだから。

 

 

どこかで聞いたことがあるんです。

「何かをやろうとして、全然うまくいかないものと、そこまで苦労せずにすんなりできてしまうものがある。

後者をやることが、あなたの人生の使命だ」

と。

 

 

旦那さんのプロちゃんとは自他ともに認める仲良し夫婦で、その姿をみて「ほっこりする」「2人の発信が楽しみ」と言われることがとても多いです。

そしてつい最近、夫婦でセックスに関する有料コンテンツを作ることを発表したら、予想以上にたくさんの反響があった。

うおプロは自分たちの「セックス」を売ろうと思う。

2018.12.23

 

あと、私はブログが得意。

文章で自分の伝えたいことを伝えるのがめちゃくちゃ得意で、特に訓練してきたわけでもないのに不思議と多くの人に読まれる文章を書くことができる。

 

もしかしてこれは、前世から関連する、私の今世の使命なのかもしれない。

セックスと愛を、発信し、伝えていくこと

そして

自分自身が愛のもと幸せになること」。

 

前世は壮絶だっただろう。
愛も光も希望も見えなくて、自分を汚くてみすぼらしい、価値のない人間だと思っていたんだから。

だからこそ、今、愛するパートナーがいて、仲間や友達にも恵まれて、健康で文化的な生活ができていることに、感謝しないと。

 

そして、今世、精いっぱい生きて、愛を発信して、幸せになろう。

 

みかんくん、本当にありがとう!
ヒプノセラピーに興味のある方は、ぜひみかんくんまで。

 

今みかんくんは修行中で、50人までは破格の値段でやってくれます。枠が埋まる前にお早めに体験して見ることをオススメします〜!

ちなみに、ヒプノセラピーは1回こっきりのものではなく、何度も受けるのがおすすめなのだとか。

何度も受けることで感覚が研ぎ澄まされて、また別の前世へいけたり、ハイヤーセルフやインナーチャイルドなど、様々な潜在意識にアクセスできるようになって、また違った「今世での問題解決」ができるそうですよ!

 

値上がりする前に、また受けてみたいな。

 

p.s. 余談ですが、私がヒプノセラピーを受ける直前、旦那さんのプロちゃんはサカキくんのオラクルカードの占いで「2019年子どもを授かる」と出ていたのです。これ、来年妊娠するフラグなのかな?


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら