【私たちの元に生まれてくる子供達へ】僕はパパとママがイケナイコトして生まれてきたの? 第2章

スポンサードリンク




まえがき

うおしーらんです!

私には、プロテイン魚住くんという素晴らしいパートナーがいます。

 

 

私たち、プロテイン魚住とうおしーらんは、

1/23(水)に有料コンテンツ『僕はパパとママがイケナイコトして生まれてきたの?』を公開します。

この有料コンテンツは、雑誌ananのSEX特集のようなイメージです。

 

このコンテンツを発表しようと思った理由は、

「セックスについてオープンに語れる空気を作り出して、男女がお互いに歩み寄り、セックスを通じて絆を深め合えるパートナーシップを増やしたい」

という想いを実現させるためです。

 

内容は、セックスフォト付きの”将来我々の元に生まれてくる子供への手紙”となり、

手紙の本文は無料公開します。

 

第1章から第3章で構成されており、

第1章はプロテイン魚住のブログにて写真無しで本文のみ無料公開、

第2章はうおしーらんのブログにて写真無しで本文のみ無料公開、

第3章は、1/19(土)のトークライブ”talkaboutSEX”の内容を文字に書き起こして、

有料コンテンツのみにしか公開しません。

 

 

セックスフォトについては先日撮影しましたが、有料コンテンツのみにしか公開しません。

この手紙を書くに至った経緯はこちらのブログからご確認ください。

うおプロは自分たちの「セックス」を売ろうと思う。

2018.12.23

 

〜本文〜

 

プロテイン魚住とうおしーらんの元に生まれてくる子供達へ

 

 

この手紙を開いてくれてありがとう。

 

パパも言っていたけど、この手紙を読むことは勇気のいることだったかもしれません。

 

「恥ずかしい」と思っているかもしれません。

 

だけど、大事なことだからきいてほしいんだ。

 

 

 

あなたは、パパとママがSEXして生まれてきました。

 

あなたは、SEXに対してどんなイメージを持っているかな?

 

 

私は、思春期のころ、学校の友達が貸してくれたマンガで、どんなものかを知りました。

 

 

そこに描かれているSEXを見て、「いやらしい」と感じました。

 

 

そして、人に気軽に話すものではないもの、隠しておくもの、恥ずかしいものなのだと感じました。

 

 

私は、中学生のころ、自分のお母さんにきいてみたことがあるんだ。

「どうやってお腹の中に精子を入れるの?」

って。

 

つまり、遠回しに、お母さんが自分を産む前にしたSEXがどういうものだったのか、知りたかったんだ。

 

 

だって、お父さんとお母さんも、あのマンガに出てくるような「いやらしいこと」をしていたなんて、想像がつかなかったし、なんだか嫌だったから。

 

 

 

その時のお母さんの答えは、よく覚えてないけど、とりあえず怒られたことだけは覚えてる。

 

 

けれど、私のお母さんのことを責めるつもりはないんだ。

私が子供だった時代の日本の教育って、「SEXは学生のときはしちゃだめ、だから教えない」っていう考え方だったから。

きっと、お母さんも突然そんなこと聞かれて必死だったと思う。

 

 

 

 

あれから、私は大人になって、今のパパと出会うまで、ずっとモヤモヤしていたんだ。

 

みんないやらしいことをしてるんだなって。

 

結局は私も、いやらしい行動の末に生まれてきた存在なんだなって。

なんだか、悲しくなった。

 

 

 

 

パパと出会う前、私は何人かの人とSEXをした。

 

 

理由はわからないけど、人間はいやらしいことをするのが実は大好きで、だからその「いやらしいこと」を楽しんでいる、っていう感じだった。

 

私自身も「いやらしいこと」をするのは嫌いじゃなかったから、一緒になって楽しんでた。

 

なんていうんだろう、いけないことをこっそりやって楽しんでた感じかな。

万引きをして、お店から逃げ切って楽しむ、みたいな(万引きを実際にやったことはないけど)。

 

 

いろんなタイプの男の人がいた。

 

ただ無言で、自分の欲だけを処理する人。

ひどい言葉を投げかけて、「お前はおれの奴隷(どれい)だ」と言いきかせてくる人。

私が「痛い」「いやだ」と言ってもやめない人。

 

 

けど、SEXは「いけないこと」だから、そういうもんだと思ってたんだ。

 

 

 

 

だけど、パパは、ぜんぜん違った。

 

やさしくママを抱きしめて、「大好きだよ」って言ってくれたんだ。

 

 

嬉しくて、涙がでたよ。

 

 

自分の存在そのものを、認めてくれた感じ。

「ママがここにいてくれるから、幸せだよ」って、言われたような気がした。

 

 

ずっと、自分のことを「いやらしい存在」だって思って生きてきたから。

本当に嬉しかったんだよ。

 

 

 

それから、パパとママは、SEXをするたびにお互いの愛情を確かめあってきたんだよ。

すればするほど、相手のことを知れるし、

けんかしたって、「やっぱりパパはママのことを愛してくれてるから大丈夫」って思えた。

 

 

 

そして、わかったんだ。

 

SEXはいやらしいことなんじゃなくて、「愛情のコミュニケーション」なんだって。

 

 

たまにマンガや映画をみてエッチな気持ちになったり、SEXしたいって思ってしまうことも、いけないことではないんだなって。

 

 

気持ちよくなってしまう自分の身体の一部を自分でさわることも、いけないことではないよ。

どうしてもさわりたくなってしまったら、人に見られない場所で、じっくりさわって、自分の身体がどんなふうに変化するか、よく観察したらいい。

 

赤ちゃんが言葉を覚えて会話でコミュニケーションができるようになるのと同じ。

自分の身体を知ることは、いつか大好きな人ができたとき、SEXでコミュニケーションをとるときに役に立つことだからね。

 

 

 

私は、パパのことを愛してる。

愛してるから、SEXをする。

 

そして生まれてきたのが、あなた。

 

私もパパも、あなたのことを心から愛してるよ。

 

 

ダメダメでもいい、失敗ばかりでもいい。

あなたの存在そのものを、愛してるからね。

 

 

あなたがいつか、誰かとSEXすることになったら、覚えておいてほしい。

 

相手がどんなことを求めているか、よく観察して。

相手が嫌がることは、しちゃだめだよ。

どちらか1人が気持ちよくなるのではなくて、2人でどうしたらよくなっていくか、歩み寄ってね。

 

そして、自分の身体を大事にすること。

相手を傷つけることは絶対にしないこと。

 

 

 

 

あなたはパパとママが愛し合った末に生まれてきた、大切な存在。

それは、あなたのお友達や、先生、親せき、街で会う人、すべての人がそう。

 

どうか、愛を持って接してください。

そして、あなたもあなた自身のことを、愛してあげてください。

 

 

あとがき

 

去年のクリスマスイブに「SEXに関するコンテンツを発表します!」と公表してから、とても反響をいただき、好意的な意見ばかりが寄せられてきました。

 

けれどじつは、今朝、あるところから「やめてほしい」という意見がのぼりました。

 

 

いろいろな意見があると思います。

 

医療関係の職についているとか、専門家の方が発信するならまだしも、

ホンモノの夫婦が自分たちのリアルを発信しているので、

それに対する抵抗もあるとは思います。

 

 

 

私は、「全てのカップルが自分たちのSEXをオープンにすればいいのに!」

と思っているわけではありません。

 

 

ただ、私は、自分の人生をセルフでドキュメンタリーのように切り取って、ブログなり動画なりで伝えていく、という生き方をしているので、その一貫で今回のSEXの発信もおこなっています。

 

 

「自分が一番得意で好きなことをして、人の役に立つ」」

というのが、人間の理想の働き方だと私は信じています。

 

 

重いものを持つのが得意な人、

運転が得意な人、

お金の計算が得意な人、

子供の世話をするのが得意な人、

 

いろんな人がいる中で、

私は「自分自身のことを発信すること」が得意で、それで人の役に立とうと思いました。

 

 

「仕事してお金をもらう」の本質って、「人の役に立ってありがとうと言われる」だと思います。

 

 

もちろん、全ての人を喜ばせることなんてできない。

中には、その仕事・職業のことを「嫌い」だという人もいる。

全ての人に好かれることなんて絶対無理。

 

 

だけど、少なくとも、私の発信、およびうおプロの発信を楽しみにしている人がいて、それに勇気付けられる人がいるのなら、それで人の役に立っていこうと思っています。

 

 

今回のSEXでの発信でいえば、

「じつはみんなSEXのことを語り合いたいと思っているのに、なかなか自分からは言い出せなかった人たちへのきっかけ作りになっている」

と思います。

 

 

SEXは命の始まり。

SEXのことを人生で1ミリも考えたことがないという人はいないと思います。

 

だからこそ、みんな何かしらの悩みを抱えている。

 

 

 

話せる場所があれば、きっと心も軽くなる。

そういう「空気づくり」を、うおプロもできたらいいなと思い、発信しています。

 

うおプロと直接会って語り合える!〜Talk about SEX〜

イベント概要

Talk about SEX
〜SEXパートナーシップを語ろう〜

日時:2019年1月19日(土)15:00~17:00

場所:旅カフェ夢port(愛知県名古屋市中区栄4丁目13−18 栄スパークビル7f )

内容:15:00〜うおプロ対談 16:00〜参加者みんなで座談会(自分のことを話したくなければ、聞き役でもOKです!)

参加費:2300円+ワンオーダー
※うおプロLINE@から参加申込してくれた方は300円引き!
こちらから友達追加して「1/19参加希望」とメッセージを送ってください➡︎https://line.me/R/ti/p/%40ddy9309h

定員:15名

 

1/19(土)に名古屋・栄の「旅BAR夢port」で開催するこちらのイベントですが、LINE@から多数ご連絡いただき、残りが

3席

となりました。

ありがたや〜〜〜!!!

 

 

まだ迷っている方もおられるかとは思いますが、当日いきなり来られると席がない可能性がありますので、うおプロのLINE@へ「1/19参加希望」とメッセージを送って予約しておくことをおすすめいたします!

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 「音楽作って、遊んで暮らすよ」をテーマに活動中。 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 うおしーらんオフィシャルサイトはこちら