Facebookコメント欄で友達から攻撃された話

スポンサードリンク




うおしーらんです!

 

生きていればいろんなことが起こるもので、

誰かの言動に無性に腹が立ったりするもの。

 

 

自分は綺麗な人間だ、非はない、と無意識に思いたくなるけど、そんなことはない。

間違いなく、誰にでもドロドロとして汚い部分はあるものです。

 

 

Facebookのコメント欄でマウンティング

 

先日、私のFacebookの近況報告の投稿に、学生時代の友達からコメントがつきました。

 

「いつになったらミュージシャンを目指すの?」

 

 

 

まず、この友達と私の関係から説明しておこうと思います。

 

 

 

私は学生時代、友達からすごくいじられるキャラでした。

 

私が何か失敗するたびに

 

「お前バカじゃねえの?」

「だから魚住は」

「いい加減自分がおかしいってことに気づけよ」

 

 

けっこうキツイ言葉を浴びせられていました。

 

学校のある日の朝はいつも頭が痛くて、多分軽いノイローゼになっていたと思います。

 

 

 

私は当時世間知らずで、自分の世界は「学校」だけでした。

 

だから、その狭いコミュニティの中での自分に対する評価が、そのまま自分の価値と結びついていると思っていたのです。

 

 

 

そういう言葉をかけてきたその当時の友達のことを恨んでいる訳ではない。

 

 

この世界は自分の心の在り方が鏡のように映し出された結果であって、

全ての出来事は自分自身が引き起こしていると思っています。

 

 

だから、当時の自分の自己肯定感の低さが、そのまま友達の言動になって現れていただけ。

 

それに、そういう経験をしたからこそ、自分が本当に輝けて、楽に付き合えるような人間関係を今は築けるようになったから。

過去には感謝しています。

 

 

けれどとにかく、私は過去の人間関係を思い返すと、あれは健康的な関係性ではなかったな、と思うのです。

 

 

彼女たちは卒業してから、誰もが名前を知るような企業に就職していきました。

 

私は一人だけ、正規の職を捨てて、今のようなフリーランスに、そして出会って間もない人と結婚して自分なりの幸せを手に入れました。

 

 

彼女たちは、一人だけ「おかしな」道へ進んで行った私のことを、

 

「魚住のことだから変なやつに騙されたりしそうで心配」

 

と言ってきました。

 

 

 

 

Facebookのコメントは、その友達のうちの一人からのものでした。

 

 

人の人生に深入りしてくる人が一番嫌い

 

「いつになったらミュージシャンめざすの?」

 

しばらく全く連絡を取っていなかった子からの、突然のコメント。

 

 

私は当時の学生時代、ミュージシャンとしてメジャーデビューしたくて、がむしゃらにライブハウスで音楽活動に勤しんでいました。

 

結果、今は夢の形が変わって、音楽をそのままお金を稼ぐ手段に変えて、いい距離感で音楽活動をしています。

 

 

これは私の妄想ですが、彼女は私が好きなことをして、毎日自由な暮らしをしているのが羨ましかったのかもしれない。

(もちろん、自分で売上を立てないといけないから辛い部分もいっぱいあるけれど)

 

 

だから、「あの時はメジャーデビューしたいとか言ってたけど、今はよくわからないことやってんだな」

と、おちょくるつもりでコメントしたのでしょう。

 

 

 

 

私はこのコメントを見た瞬間、怒りというか、憎しみというか、ドロドロした感情が湧き上がってきました。

 

 

 

人の人生に首を突っ込んで横槍を入れて、暇人なのかよ!

私がどういう生き方しようと勝手じゃないか!

 

 

もしかして、この子、会社勤めでよっぽど枯れた生活してるから、私のことが羨ましかったんじゃないの?

 

 

とか色んなことを考えながら、その子のFacebookのプロフィールページへ飛んで、近況をチェックしたりしていました。

 

 

 

 

 

…あれ?

 

待てよ、

 

私もこの子とおんなじじゃん。

 

 

誰かにムカついたら、間違いなく自分も同じ要素を持っている

 

そう。

紛れもなく、私自身が

「他人の人生に深入りして詮索するような人間」

だったのです。

 

 

 

さっきも書いたように、この世界は自分の内側をそのまま映し出す鏡。

 

 

ムカつく人がいたら、その人も自分の鏡なのです。

 

 

自分の中では、本当はわかってるんです。

「他人の人生に深入りして詮索する」

っていうのは良くないことだって。

 

 

だから、普段は理性でそういう自分を抑えてる。

 

 

けど、惜しげも無く自分の「嫌な部分」と同じことを外に表現する他人が現れると、怒りを感じる。

 

 

 

 

SNSでもいるじゃないですか。

 

誰かの発信に対して

「あなたのような発信は人を傷つけている!!」

とコメントする人。

 

けど、そのコメントそのものが、発信主の心を傷つけてますよね。

 

 

みんな鏡になってるんだよな、と思います。

 

 

100%キレイになるなんて無理

 

人間は神様じゃないんだから、100%キレイな心で生きるのはどうしたって無理だと思います。

 

だからどうしたらいいかというと、ドロドロした感情が出てきたら

 

「あぁ、今、心が乱れたな」

「自分にもこういう嫌な部分ってあるんだな」

 

と認めて、自分を責めたりせずに

 

「仕方ない。人間だもの」

 

 

そして、相手に対しても

 

「仕方ない。人間だもの」

 

 

 

 

感情に飲み込まれてしまうと、「許す」っていう行動はなかなか難しいかもしれないけど。

 

 

自分に対する戒めも込めて、このブログを書きました。

 

 

今日も読んでくれてありがとう!

うおしーらんでした!

 

 


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら