精神衛生維持のためアンチコメントは徹底的に無視する

スポンサードリンク




うおしーらんです!

 

YouTubeに限らずですが、ブログ、SNSをやっていると、嫌がらせコメントやアンチコメントに出会ってしまうことは誰にでもあることだと思います。

 

私は現在YouTube夫婦チャンネルに一番力を入れているので、YouTubeで私が動画にアンチコメントをつけられたらどう対応しているか、についてお話ししていこうと思います。

 

友達が遊びに来る前に

私が勉強のためによく見ている「動画集客チャンネル」というのがあるのですが、この動画が「アンチ問題」についてわかりやすく解説してくれていました。

 

内容を簡単に説明すると、

 

自分のチャンネルの動画を見てもらうということは、「自宅に友達を招いてもてなして楽しんでもらう」ことと同じ。

その家にゴミが落ちていたり、壁に落書きがあったり、ガラスが割れていたりしたら、家に来た友達はどう思うか?

そんな光景を見ても誰も良い気持ちはしない。

アンチコメントはこういうゴミ、落書き、人の家のものを壊す行為と同じで、人の家に土足で乗り込んで嫌がらせをすることと変わらない。

ならば、遊びに来てくれた友達(=他の視聴者)の目に触れる前に片付けて(=削除して)おきましょう。

 

というものでした。

 

酒井さん、すごい。さすが。

例えがわかりやすすぎる。

 

しかも、YouTubeってこっちがコメント削除したり、ユーザーをブロックしたとしても、相手には通知されませんし、相手には自分がしたコメントが見えています。

けれど、自分や他の視聴者さんからはそのコメントは見えなくすることができます。

なので、バレません。安全にゴミを片付けることができます。

 

アンチが来るのは自分だけではない

 

よっぽどの有名人でない限りは、他のSNSに比べてYouTubeなどの動画系のプラットフォームって、アンチコメントがつきやすいなと感じます。

それも、こっちが有名になって注目される前から。

 

私たちも、まだチャンネル登録者数が2桁だった頃から、ご丁寧にほぼ全部の動画に必ず1つアンチコメントをして来るユーザーがいたりしました。

 

高評価1に対して低評価2とか、初期のころはザラでした。

(しかもその高評価ボタン1は自分で押したりしていたのは今となっては笑い話!笑)

 

つまり、何が言いたいかというと、

良い視聴者さんよりアンチの方が「発信エネルギー」が強いんですよ。

 

良い視聴者さんは、よっぽど自分が心動いたコンテンツにしかコメントしないと思います。

「この感動を伝えたい!!」という気持ちを興奮のままコメント残すみたいな。

(私自身もそうです)

 

けど、アンチコメントする人ってどういう人かというと、「とにかく他人の粗探しがしたい人」。

しかも他人を不快にすることに快感を覚えているので、コメントを残そうと思う意欲のハードルがかなり低いと思います。

 

ネット上で荒らしや炎上をさせる人って、全ユーザーのうち1%未満と言われていますし、そういうことをする人はごく一部です。

 

視聴者のほとんどは、(よほど質の悪い動画ではない限りは)好意的な気持ちで見てくれている場合が多いと思います。

 

ただ、本当に駆け出しの頃って、応援してくれるファンの数も少ないので、どうしてもアンチからのコメントや発信のほうが目立ってしまうんですよね。

 

最初は「変なコメントばかり来て良いコメントが来ない…」

って、意気消沈してしまう人も少なくないんじゃないでしょうか。

私もそうでした。

 

 

けど、そんな状況は全く珍しいことではないと思います。

そもそも、YouTubeってTwitterとかに比べてアンチコメントがつきやすいんです。

YouTubeに動画を投稿したことある人なら誰にでもある。

 

その理由を次から説明していきます。

 

アンチコメントする人はかわいそうな人

 

こういうアンチコメントに出会うとつくづく思うのは、「この人かわいそうだな」っていう同情です。

 

まともな人間なら、自分よりレベルの高い人を見て「羨ましいな、近づきたいな」と感じた時、自分もスキルを磨いたり経験を積んだり、「自分を高める」行動をします。

 

けれど、アンチコメントをするような人って自分より行動している人間に対して嫉妬して、「相手の足を引っ張ることで自分と同じ低いレベルに引き摺り下ろそうとする」ことで、満足感を得る人だと思っています。

 

 

他のSNSよりもYouTubeなどの動画系SNSの方がアンチコメントがつきやすい理由は、「多くの人がそもそも動画投稿ができない」ことだと思います。

 

Twitterで140文字のツイートをすることなんて、1分でできてしまう。

けれど、動画を投稿するのってどうでしょうか。

 

 

まず、動画を撮影して編集してアップして概要欄の文章考えて…って、1本投稿するのに結構時間かかる。

機材も必要。

動画編集能力も必要。

企画考えるの大変。

知り合いに見られたら恥ずかしいけど顔出しをする勇気。

 

 

みたいな、様々な壁を乗り越えた人しか動画って投稿できないんです。

 

だからこそ、たとえ有名人じゃなくても1本でも動画を投稿できた人って、立派な「行動した人」だし、そういう所がアンチの嫉妬心を煽りやすいんだと思います。

(動画投稿をしたことがない人は偉くないとか、そういう話ではないです。あくまで、アンチの心理を説明するために引き合いに出しています)

 

自分が気持ちよく過ごすことが何より大切

 

最初の頃は、ファンも少なくてコメント自体もそもそも少ないから、アンチコメントが来るだけでもありがたいとか思っていて、全部のコメントに返信していました。

 

けど、変なことをコメントで言われたりすると「気にしなくていい」と頭でわかっていても、多少なりとも嫌な気持ちになります。

(私の場合1時間くらい引きずっちゃいます)

 

その、「嫌な気持ちになる時間」って本当に無駄なんですよね。

 

私、自分が毎日気持ちよく過ごすことが巡り巡って「最大の社会貢献」になると思っています。

(自分勝手にして他人に迷惑かけたらダメだろ、とか色々議論はありますが、このことを説明するにはブログもう1記事書けそうなので詳細は今回は省いておきます)

 

良い気持ちで過ごしていれば、パートナーのプロちゃんとの関係も良好になる。

二人の関係が良好だと良い動画が撮れる。

それを編集して作品として投稿すれば、視聴者さんに楽しんでもらえる。

 

みたいな。

YouTube動画投稿に限って言えば、「気持ちよく過ごすこと」のメリットはこんな感じです。

 

 

なのに、私がアンチコメントに毎回対応して嫌な気持ちになっていたら、今の説明とは逆のことが起きて、良い動画って作れなくなると思うんです。

 

だから、からかい、冷やかし、侮辱、相手の気持ちを考えないようなコメントをして来るユーザーには対応しない。

返事をかえしたりすると、相手も喜んでまた同じようなことしてくるから。

一度でも変なコメントをしてきた人は、速攻ブロックして自分の目にも大事な視聴者さんの目にも二度と触れないようにする。

 

1ミリでも嫌な気持ちになったらブロックします。

私だって普通の人間で、誰とでも友達になりたいわけではないので、自分の家に遊びに来てくれる友達(=動画の視聴者さん)は選びたいです。

(もちろん、生産的な反対意見や、こちらの不手際に対するクレームなどのコメントはきちんと受け止めます。)

 

 

自分の大事な時間も、メンタルのキャパも、変な人じゃなくて応援してくれる視聴者さんのために全力で使いたい。

これからも、応援してくれているみんなに喜んでもらえるような動画制作につとめてまいります!!

 

▼視聴者さんからのリクエストで制作した、はじめてのファッション購入品紹介の動画!服よりもプロちゃんのへんてこなリアクションに注目してほしい


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら