自己肯定感が低いから何もうまく行かない。自力で上げるためにやったこと

スポンサードリンク




うおしーらんです!

今日YouTubeでこんな動画を更新しました。

自己肯定感が低いがために、セックスを求められた時にしか自分に価値を感じられなかったという過去を持つ女性からのお悩み相談です。

自己肯定感とは

自己肯定感とは自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。

そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、自己価値を感じて自らの全存在を肯定する「自己肯定感」の感覚は、何ができるか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります。

この感覚を持てると、自分を尊重するように、他者や周りも尊重できます。すると他者からも尊重され、お互いに尊重し合える関係が作れます。

(引用:https://www.self-esteem.or.jp/selfesteem/

 

おそらく、親から

「たとえ失敗をしてもつまずいても、どんなあなたでも大好きよ〜〜」

と抱きしめられながら育った人は、最初から自己肯定感も高いでしょう。

 

ただ、多くの場合そうではないのが現実。

 

私たちは親や学校から

 

「宿題できて偉いね」

「テストで良い点を取って偉いね」

 

と、何かをしたら褒められ、逆に

 

「宿題を忘れるなんてダメな子」

「なんていう点数なんだこれは!」

 

と、何かができなかったりすると叱られたりしますよね。

 

 

そうすると、だんだん自分に対しても

 

「宿題ができなきゃ自分はダメな子だ」

「テストで良い点が取れない自分は価値がない」

 

とジャッジするようになってしまいます。

 

そうすると、自分のことを条件付きでしか認めることができなくなり、自己肯定感は下がっていきます。

 

実は、今これを書いている私も、昔は自己肯定感がすごく低くて

「友達とうまく喋れない自分はつまんない奴だ」

とか、いつも自分のことをジャッジして自分で自分を苦しめていました。

 

自己肯定感が低いと、もう人生であらゆること(特に人間関係)がうまくいかなくなっていくんですよ。

 

昔、自己肯定感が低いことで引き起こした失敗

バンドでの人間関係がうまくいかない

私は19〜25歳までバンドを結成し、ギターボーカル・作詞作曲を担当していました。

 

結論から簡単に話すと、全然うまく行かなくてバンドのメンバーの入れ替わりが激しいバンドでした。

初期メンバーは私しか残らず、自然と私がバンドのリーダーになっていたのですが、他のメンバーの信頼を得ることができなかったわけです。

 

自己肯定感が低く、常に不安を抱えやすかった私は、メンバーを束縛するようなことをしていました。

「他のバンドで演奏するのはいいけど、うちのバンドでの活動に集中して」

「LINE連絡には必ず返事を返して」

と言ったり。

 

とにかく自分に自信がなかったから、メンバーに依存するようなことを言ったりしたり。

 

バンドを抜ける理由は各メンバーさまざまなことを口にしていましたが、おそらく私といるのが息苦しくなった、というのも理由の一つにあったんだろうなと、今振り返ると思います。

 

恋愛では一人の人と長く続かない

自己肯定感が低いと、日常的に不安や恐れを抱きやすくなります。

そうすると、ちょっとでも嫌なことがあったりするとすぐメンタルが不安定になります。

 

メンタリストDaiGoさんも言っていましたが、恋愛がうまくいくための条件は相手との相性より、「メンタルの安定」が一番大事とのことです。

 

なので、私は彼氏ができても1週間や1ヶ月で別れることはザラで、最長でも8ヶ月くらいしか続きませんでした。

(ちなみに今の旦那さんであるプロちゃんとは交際を始めてから現在1年5ヶ月目)

 

自己肯定感を上げるためにやったこと

自己肯定感は、何もせずに向上するものではありません。

幸い、人との出会いで自己肯定感を上げてもらえる場合もありますが、自分でがんばって上げる方法もあります。

私は自分でがんばった派です。

 

何をしたのか、ここでご紹介しますね。

 

本を読んだ

「自己肯定感 本」でググれば無数の本が出てきます。

レビューを読んでみて、自分に合いそうな本を買って読むのは手っ取り早いですね。

 

YouTubeを見た

YouTubeでもメンタルコーチングのチャンネルはたくさんあります。

その中でも当時私がよく見ていたのは「ヒロちゃんねる」でした。

結構スピリチュアル系も多いのですが、人生で何か問題にぶち当たった時はこういう考え方でいればいいんだよ、ということをたくさん教えてもらいました。

人生がしんどくてたまらなかった当時、少しでも暇があればずっとこのチャンネルの動画を見まくってましたね。。

無料メルマガに登録して、毎日送られてくるアウトプットワークとかも熱心にやってました。

 

家族に対する不満と悲しみとか、自分がどういう時にどんな感情になるのだとか、過去のトラウマとか、すごいたくさんノートに箇条書きで書き連ねました。

 

そうすると、スーッと、心が軽くなって

「あぁ、私は生まれてきただけで価値があるんだな」

「過去の悲しい出来事は今の自分にとって必要な贈り物だったんだな」

と、自然と心で実感できるようになるんです。

 

そのおかげもあって、昔とは人生の捉え方がガラリと変わり、生きづらい考え方から今のような生きやすい考え方になりました。

 

自己肯定感が上がってから人生が変わった

 

「ちゃんとしてないとダメな自分」から、

「失敗ばかりでもそのままで素晴らしい自分」だと思えるようになりました。

 

だから、失敗を恐れなくなり、「やってみたい!」と思ったことに挑戦できるようになりました。

 

目の前の人に嫌われたとしても自分はそのままで素晴らしいので、嫌われることを恐れず言いたいことが言えるようになりました。

 

うまくいかない相手に無理やり合わせて疲弊するのをやめて、自分が一緒にいて心から楽しいと思える友達を選ぶことができるようになりました。

 

承認欲求を他人に埋めてもらわなくても平気になったので、人を束縛したり、連絡を頻繁に求めたり、人が離れてしまう不安感に苛まれることが激減しました。

 

うまく会話ができない人がいても、それで自分の価値が決まるわけでもないので「私には他に友達がいるからいいや」と思えるようになりました。

 

自ずと自分に対する自信が見た目にも溢れてくるようになり、恐れや媚びへつらいもないので、こちらがただ楽しく過ごしているだけで人から好かれるようになりました。

 

仕事もうまくいくようになりました。

 

 

 

簡単にいうと、毎日生きやすくなりました

人生が楽しくなりました。

(もちろん、嫌なことがあれば落ち込むこともあるし生理前はイライラしたり波もあるけど、全体を通して格段にメンタルは安定するようになりました)

 

プロちゃんとの関係も、よく「仲が良くて良いですね」と言っていただけることが多いのですが、これも私の自己肯定感が高いからというのも要因だと思います。

(当然、プロちゃんが素晴らしい人だからというのは半分以上です。けれどもし私が自己肯定感が低くて恋人を束縛したがる人だったら、いくら心の広いプロちゃんでもフっていたでしょう)

 

 

ぜひ、一度ご自身のことを振り返ってみてください。

どうですか?

ありのままの自分のことを好きになれていますか?

 

「私は親に愛されてなかったから…」とか、色々理由をつけて「私、自分のことを好きになれないんです」と言うことは簡単です。

けれど、みんな、幸せになるために、この世に生まれてきてるんですよ。

 

 

 

本でも、ネットでも、自己肯定感を上げる方法や情報はたくさん転がってるから。

人生が変わるから、調べて実践してみることをおすすめします。

▼動画の中でも喋っていますのでぜひご覧ください!


嫌いな仕事を今すぐ辞めて
好きなことを仕事にしない?

一度はネットワークビジネスの泥沼にハマるも、現在は会社を辞め「好きなこと」でお金を稼ぐフリーランスに。
どうやって理想の人生を手にしたのか?
動画で全てお話しします。

うおしーらんLINE@にお友だち登録してくれた方全員に
「好きを仕事にできた方法」
動画を無料プレゼント!


スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

【ミュージシャンタレント】 タイアップソング制作・ミュージシャン活動・作詞・作曲・タレント活動。 高校2年生の時にラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”に衝撃を受けて音楽活動開始。 6年間メジャーデビューを目指しバンド活動をした経験を生かし、音楽制作やライブのみならず、自分の経験をメディアで発信し、いま背中を押されたい人を勇気付ける活動をしている。 現在のメインの活動は夫婦YouTubeチャンネル「うおプロ」(出演・動画編集を担当) うおしーらんオフィシャルサイトはこちら